沸点上昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沸点上昇(ふってんじょうしょう)とは、不揮発性の溶質溶媒溶解させると蒸気圧降下が起こり、溶液沸点が上昇することである。不揮発性の溶質を溶解させた希薄溶液は束一的性質をもち、沸点上昇度ΔT は溶質の種類にかかわらず溶質の重量モル濃度m に比例する。

\Delta T = K_b m

ここでKb は沸点上昇定数で

K_b = \frac{MRT_b^2}{\Delta H_b}

  • M :溶媒のモル質量
  • R気体定数
  • Tb :純溶媒の沸点
  • ΔHb :標準蒸発エンタルピー

である[1]

参考文献[編集]

  1. ^ A. G. Whittaker; A. R. Mount; M. R. Heal; 中村亘男訳 『キーノート化学シリーズ 物理化学キーノート』 シュプリンガー・フェアラーク東京、2002年ISBN 4-431-70956-8 

関連項目[編集]