沸点上昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

沸点上昇(ふってんじょうしょう)とは、不揮発性の溶質溶媒溶解させると蒸気圧降下が起こり、溶液沸点が上昇することである。不揮発性の溶質を溶解させた希薄溶液は束一的性質をもち、沸点上昇度ΔT は溶質の種類にかかわらず溶質の重量モル濃度m に比例する。

\Delta T = K_b m

ここでKb は沸点上昇定数で

K_b = \frac{MRT_b^2}{\Delta H_b}

  • M :溶媒のモル質量
  • R気体定数
  • Tb :純溶媒の沸点
  • ΔHb :標準蒸発エンタルピー

である[1]。ただし溶質が解離および会合していないという仮定の下で成立する式であり、イオンに解離する場合は解離により生じる全粒子数を考慮した濃度を用いなければならない。ファントホッフの因子英語版を導入して補正する。

参考文献[編集]

  1. ^ A. G. Whittaker; A. R. Mount; M. R. Heal; 中村亘男訳 『キーノート化学シリーズ 物理化学キーノート』 シュプリンガー・フェアラーク東京、2002年ISBN 4-431-70956-8 

関連項目[編集]