河野薬品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

河野薬品株式会社(こうのやくひん)は、医薬品一般用医薬品医療機器卸売を業としていた日本の企業である。他の会社と合併により消滅し、後身は東邦ホールディングスの一社「セイエル」である。地盤は中国地方

概要[編集]

大株主[編集]

沿革[編集]

  • 明治5年3月広島市堺町に「河野三兵衛」が基礎を興す。
  • 昭和23年6月資本金19,500円で「河野薬品株式会社」と改組
  • 昭和26年幟町に本社移転
  • 昭和38年1月「呉営業所」開設
  • 昭和39年「岩国営業所」開設
  • 昭和42年鉄筋コンクリート5階建ての新社屋に移転
  • 昭和42年11月「福山営業所」開設
  • 昭和48年「徳山営業所」開設
  • 昭和53年「三原営業所」開設
  • 昭和62年9月山口県宇部市の「伊藤薬品株式会社」を合併
    • 宇部支店・下関営業所・山口営業所・萩連絡所を開設
  • 平成2年12番目の営業所として「広島北営業所」・13番目の営業所として「広島西営業所」を開設
  • 平成9年10月広島県の河野薬品と岡山県岡山医薬品と合併し商号を「株式会社オムエル」とする

営業所[編集]

主な取引メーカー[編集]