河野密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河野 密(こうの みつ、1897年12月18日 - 1981年1月4日)は、日本の政治家。千葉県出身。

経歴[編集]

東京帝国大学法学部卒。大学在学中に新人会に参加し、卒業後日本労農党に参加。更に社会大衆党へ移って、1936年第19回衆議院議員総選挙で初当選する。以後、当選12回。

戦後、日本社会党結成に参加するも、戦時中に大政翼賛会の活動に参画していたことから公職追放。追放解除後、1952年第25回衆議院議員総選挙社会党右派から政界復帰、1955年10月左右統一の日本社会党結成に参加する。

1956年鈴木茂三郎委員長の下で党国会対策委員長に就任。1958年警察官職務執行法改正法案に成田知巳総務局長と政府の赤城宗徳官房長官への抗議や浅沼稲次郎書記長と与党自民党川島正次郎幹事長、村上勇国対委員長に抗議した。1960年国対委員長を退任。(後任に山本幸一が内定)

1972年第33回衆議院議員総選挙で落選、そのまま政界を引退。

党職
先代:
勝間田清一
日本社会党国会対策委員長
第2代 : 1956年 - 1960年
次代:
山本幸一