河野和清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野 和清(こうの かずきよ、1951年- )は、教育行政学者、広島大学教授。 広島県生まれ。高知大学卒業後,1976年広島大学大学院教育学研究科博士課程前期(教育行政学専攻)修了。1979年茨城大学教育学部助手、講師、助教授。1991年広島大学教育学部助教授。94年「現代アメリカ教育行政学の研究 行動科学的教育行政学の特質と課題」で広島大学教育学博士。2001年広島大学教育学研究科教授。元日本教育行政学会会長(2010-2013)。[1]

著書[編集]

  • 『現代アメリカ教育行政学の研究 行動科学的教育行政学の特質と課題』多賀出版 1995
  • 『市町村教育長のリーダーシップに関する研究』多賀出版 2007

共編著[編集]

  • 『地方分権下における自律的学校経営の構築に関する総合的研究』編著 多賀出版 2004
  • 『教育行政学』編著 ミネルヴァ書房 2006
  • 『現代教育の制度と行政』編著 福村出版 2008
  • 『必携学校小六法 2012年度版』高見茂,葉養正明,結城忠,若井彌一共編 杉原誠四郎監修 協同出版 2011
  • 『必携教職六法 2014年度版』若井彌一監修 高見茂, 結城忠共編集委員 協同出版 2013
  • 『新しい教育行政学』編著 ミネルヴァ書房 2014

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『新しい教育行政学』著者紹介