河野与一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河野 与一(こうの よいち、1896年(明治29年)9月12日 - 1984年(昭和59年)7月6日)は、日本の哲学者、翻訳家。與一とも表記する。

経歴[編集]

神奈川県生まれ。神戸で育ち、神戸一中から東京帝国大学哲学科卒。暁星中学校教師、第三高等学校教授、法政大学教授を経て、1927年(昭和2年)から東北帝国大学助教授。1946年(昭和21年)に教授となるが、1950年(昭和25年)に退官し、岩波書店の顧問として迎えられる。

多数の言語に通じ、フランス文学、哲学、古典語を講じた。1957年(昭和32年)、『プルターク英雄伝』の原典訳で読売文学賞を授賞されるが辞退した。また『アミエルの日記』の全訳も、河野一人が成し遂げた。夫人河野多麻は『うつほ物語』の注釈で知られる平安朝文学研究者。言語学者河野六郎は弟。

著書[編集]

単書[編集]

  • 『ライプニツ単子論』 岩波書店〈大思想文庫 第12〉、1936年。
  • 『学問の曲り角』 岩波書店、1958年1月。ISBN 4-00-000302-X
  • 『続 学問の曲り角』 岩波書店、1986年6月。ISBN 4-00-000309-7
  • 『哲学講話』 渡辺義雄編、岩波書店、1993年5月。ISBN 4-00-002703-4テープを聴いたメモから起こした講義録
  • 『新編 学問の曲り角』 原二郎編、岩波書店〈岩波文庫〉、2000年6月。ISBN 4-00-311641-0『学問の曲り角』、『続 学問の曲り角』より選択した28編。

翻訳[編集]

その他[編集]

  • 「プラトーン」・「アウグスティーヌス」、『岩波講座 世界思潮』第4冊、岩波書店編、岩波書店〈岩波講座〉、1929年。
  • 「デカルト」、『岩波講座 世界思潮』第5冊、岩波書店編、岩波書店〈岩波講座〉、1929年。
  • 「現代仏蘭西哲学」上・下、『岩波講座 哲学』第8、岩波書店編、岩波書店〈岩波講座〉、1932年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]