河端朋之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河端 朋之
Tomoyuki Kawabata
Cycling (road) pictogram.svg
UCI Track World Championships 2018 218.jpg
個人情報
本名 河端 朋之
かわばた ともゆき
生年月日 (1985-02-07) 1985年2月7日(33歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 170㎝
体重 73㎏
チーム情報
所属 日本競輪選手会岡山支部
期別 95期
分野 競輪 & トラックレース
役割 選手
特徴 先行・捲り
アマ所属チーム
2009-
プロ所属チーム
日本競輪選手会岡山支部
グランツール最高成績
主要レース勝利

日本の旗 日本選手権

ケイリン 2012
チームスプリント 2012
スプリント 2012
 
獲得メダル
トラックレース
UCIトラックワールドカップクラシックス
2012 カリ TSP
2012 カリ ケイリン
アジア競技大会
2014 仁川 スプリント
アジア選手権
2015年アジア選手権 スプリント
2017年アジア選手権 スプリント
2018年アジア選手権 ケイリン
2018年アジア選手権 チームスプリント
トラック世界選手権
2018年 ケイリン
最終更新日
2018年3月2日

河端 朋之(かわばた ともゆき、1985年2月7日 - )は競輪選手自転車競技選手。鳥取県琴浦町出身。日本競輪学校(以下、競輪学校)第95期卒業。日本競輪選手会岡山支部所属。師匠は竹本茂(競輪学校第81期生)。

来歴[編集]

鳥取県立倉吉工業高等学校を経て、同校の実習助手等の職に就きながらレース活動を行い、2005年全日本自転車競技選手権大会(以下、全日本選手権)のスプリントで3位に入る。さらに2006年兵庫国体ではチームスプリントで、2007年秋田国体ではスプリントでそれぞれ優勝。その後第95期生として日本競輪学校に入校し、在校競走成績は23勝を挙げ第10位。卒業後は岡山県の選手として登録を行い、

2009年

2011年

  • 全日本選手権のスプリントで3位、同ケイリンで2位に入り、その後日本代表入り。
  • 12月29日に平塚競輪場で開催された「ナショナルチームカップ」に当時S級2班ながら選出され2着に入る健闘を見せた。

2012年

   スプリント 銀メダル/チームスプリント 銀メダル/スプリント 6位

   スプリント 8位/チームスプリント 9位

2013年

   スプリント 17位/チームスプリント 12位

   スプリント 24位

  • 2013-2014トラックW杯第1戦マンチェスター大会

   スプリント 33位/チームスプリント

  • 2013-2014トラックW杯第2戦アグエスカリエンテス大会

   スプリント 17位/チームスプリント 12位(+中川誠一郎、渡邉一成での予選タイム43”092は日本記録)

   ケイリン 3位/スプリント 優勝

   スプリント 2位

2014年

  • 2013-2014トラックW杯第3戦グアダラハラ大会

   スプリント 41位

   スプリント 27位

   ケイリン 4位/スプリント 2位

   男子スプリントで銀メダル[1]

2015年

  • 2014-2015トラックW杯第3戦カリ大会

   スプリント 37位

   スプリント 30位

   レース・ケイリン 3位/スプリント3位

   スプリント 2位

   男子スプリントで金メダル。

  • 2015-2016トラックW杯第2戦ケンブリッジ大会

   スプリント 38位

2016年

  • 2015-2016トラックW杯第3戦香港大会

   スプリント 47位

   ケイリン 優勝/スプリント優勝

  • 2016-2017トラックW杯第1戦グラスゴー大会

   ケイリン 11位/スプリント17位

  • 2016-2017トラックW杯第2戦アペルドールン大会

   ケイリン 12位/スプリント 16位/チームスプリント 13位

   男子スプリント 8位

2017年

  • 2016-2017トラックW杯第3戦カリ大会

   ケイリン 4位(ゴール直後に落車)/スプリント 棄権

  • 2016-2017トラックW杯第4戦ロサンゼルス大会

   怪我のため不参加

   ケイリン 13位/スプリント 31位

   男子スプリント 銀メダル

   スプリント 2位

  • 2017-2018トラックW杯第1戦プルシコフ大会

   スプリント15位/チームスプリント 9位

  • 2017-2018トラックW杯第2戦マンチェスター大会

   チームスプリント 11位/ケイリン13位

  • 2017-2018トラックW杯第3戦ミルトン大会

   スプリント 13位/ケイリン 11位

  • 2017-2018トラックW杯第4戦サンティアゴ大会

   チームスプリント 5位

2018年

   男子ケイリン 金メダル/チームスプリント 銀メダル

   男子ケイリン 銀メダル ※日本選手が同種目で表彰台に上がるのは、1993年大会で吉岡稔真が銅メダルを獲得して以来25年ぶり。

  • モスクワグランプリ2018

   男子ケイリン 金メダル

   男子スプリント 9位(予選タイム9秒693で自己新記録)なお、同予選5位、脇本雄太の9秒634は、中川誠一郎が持つ9秒702を超える5年ぶりの日本記録

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]