河田敬義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河田 敬義(かわだ ゆきよし、1916年1月15日 - 1993年10月28日)は、日本数学者東京大学名誉教授、第6代統計数理研究所所長。理学博士。

概要[編集]

代数的整数論から確率論に至る数学の幅広い分野で重要な業績を残し、特に類体の理論を代数体だけでなくアーベル拡大の理論に適用して類体論を再構成したことは国際的にも高い評価を得ている。また、国内外の数多くの委員会委員を兼務し、(社)日本数学会では理事長(1966年度、1968年度)の期間も含め長年理事を務めている。これ等の学問的および学術行政的業績により、1977年(昭和52年)11月3日に紫綬褒章1986年(昭和61年)11月3日に勲二等瑞宝章、1993年(平成5年)10月28日正四位叙位を授与された。

来歴 [編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1938年(昭和13年) 4月 東京帝国大学副手(理学部)
  • 1939年(昭和14年) 7月 東京帝国大学助手(理学部)
  • 1941年(昭和16年) 3月 東京文理科大学講師
  • 1941年(昭和16年)10月 東京文理科大学助教授
  • 1950年(昭和25年) 3月 東京大学教授教養学部
  • 1953年(昭和28年) 5月 東京大学大学院担当(数物系数学専門課程)
  • 1955年(昭和30年) 4月 東京大学理学部(数学第5講座/第1講座担当)
  • 1976年(昭和51年) 3月 東京大学定年退官
  • 1976年(昭和51年) 5月 東京大学名誉教授
  • 1976年(昭和51年) 4月 上智大学教授(理工学部・数学科)
  • 1986年(昭和61年) 3月 上智大学定年退職

併任[編集]

非常勤講師[編集]

  • 1955年(昭和30年) 4月 - 1957年(昭和32年) 3月 立教大学理学部(大学院)
  • 1956年(昭和31年) 2月 - 1956年(昭和31年) 3月 広島大学理学部(集中講義)
  • 1956年(昭和31年) 7月 - 1956年(昭和31年)12月 金沢大学理学部(集中講義)
  • 1956年(昭和31年)10月 愛媛大学理学部(集中講義)
  • 1957年(昭和32年) 4月 - 1958年(昭和33年) 3月 京都大学理学部(集中講義)
  • 1958年(昭和33年) 4月 - 1959年(昭和34年) 3月 立教大学理学部
  • 1958年(昭和33年)12月 - 1959年(昭和34年) 2月 金沢大学理学部(集中講義)
  • 1964年(昭和39年)10月 - 1965年(昭和40年) 3月 九州大学理学部(集中講義)
  • 1972年(昭和47年)12月 静岡大学理学部(集中講義)
  • 1973年(昭和48年) 4月 - 1975年(昭和50年) 3月 東京理科大学理工学部
  • 1982年(昭和57年)10月 - 1983年(昭和58年) 3月 山口大学理学部(集中講義)

各種委員等[編集]

国内[編集]

国際[編集]

  • 1970年(昭和45年) 1月 - 1974年(昭和49年)12月 Member of Executive Committee of IMU (International Mathematical Union)
  • 1974年(昭和49年)10月 - 1978年(昭和53年) 8月 Member of Consultative Committee of International Congress in 1978 at Helsinki
  • 1975年(昭和50年) 1月 - 1979年(昭和54年)12月 Secretary of ICMI (International Commission on Mathematical Instruction)
  • 1975年(昭和50年) 1月 - 1978年(昭和53年)12月 Member of Executive Committee of IMU
  • 1978年(昭和53年) 8月 - 1993年(昭和 5年)10月 Member of Advisory Committee of SAMS (Southeast Asia Mathematical Society)
  • 1979年(昭和54年) 1月 - 1982年(昭和57年)12月 Member of ICMI

所属学会[編集]

海外渡航および短期出張[編集]

  • 1952年(昭和27年) 7月 - 1954年(昭和29年) 5月 アメリカ合衆国 Princeton 高級研究所(Member)
  • 1962年(昭和37年) 4月 - 10月 ブラジル(バイーア大学他)およびアメリカ合衆国(ジョンズ・ホプキンス大学ハーバード大学等)
  • 1966年(昭和41年) 8月( 4週間) ソビエトMoscow Congress およびIMU総会出席)他ヨーロッパ諸国
  • 1969年(昭和44年) 7月 - 8月(5週間) アメリカ合衆国(AMS(American Mathematical Society)夏期研究会)、(Suny at Stony Brook 出席)
  • 1971年(昭和46年) 5月( 8日間) スイスZurich IMU Executive Committee出席)
  • 1972年(昭和47年) 6月( 9日間) イギリスLondon IMU Executive Committee出席)
  • 1973年(昭和48年) 5月( 8日間) ドイツFrankfurt IMU Executive Committee出席)
  • 1974年(昭和49年) 3月(14日間) スイス(Zurich IMU Executive Committee出席 および ETH
  • 1974年(昭和49年) 8月(18日間) カナダ(IMU Vancouver Congress IMU および総会出席)
  • 1976年(昭和51年) 5月( 6日間) フィンランド(Helsinki Consultative Committee of International Congress 出席)
  • 1976年(昭和51年) 8月(16日間) ドイツ(Karlsruhe ICMI Congress 出席)
  • 1977年(昭和52年) 9月(10日間) フランスParis ICMI Consultative Committee of International Congress 出席)
  • 1978年(昭和53年) 8月(18日間) フィンランド(IMU Helsinki Congress IMU および総会出席)
  • 1979年(昭和54年) 2月( 9日間) フィリピンManila 学術調査(日本学術振興会))

著作等[編集]

著書 [編集]

編集 [編集]

雑誌編集[編集]

  • 1958年(昭和33年) - 1975年(昭和50年) Annals of Mathematics (Associate Editor)
  • 1969年(昭和44年) - 1982年(昭和57年) Journal of Number Theory (Editor)
  • 1977年(昭和53年)[いつ?] - 1987年(昭和62年) Tokyo Journal of Mathematics (Editor in chief)

栄典[編集]

参考文献[編集]

  • 『柔らかい頭と強い腕-河田敬義追想集-』、聖学院ゼネラル・サービス出版部、1994.9.27、(河田敬義追想集編集委員会)
先代:
末綱恕一
統計数理研究所
1971年3月1日 - 1974年2月28日
次代:
林知己夫