河東真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
河東 真
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 (1939-10-14) 1939年10月14日(79歳)
身長
体重
173 cm
67 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1962年
初出場 1963年10月15日
最終出場 1964年4月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

河東 真(かわひがし まこと、1939年10月14日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

法政二高(現・法政大学第二中・高等学校)在学中は2年生(1956年)よりレギュラーを掴み、1957年夏の甲子園に出場。チームの準優勝に貢献した。高校時代は5番打者だった[1]。当時のチームメイトには小川博(のち阪急。高校時代は4番打者だった[1]。)がいる。

1962年巨人に入団。しかし巨人の内野手は層が厚く、プロでは殆ど出場機会を得る事が出来なかった(代打や代走での出場しかできず、守備に就く事はなかった)。1964年限りで現役を引退した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1963 巨人 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
1964 4 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:2年 6 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 61 (1962年 - 1964年)

脚注[編集]

関連項目[編集]