河村秀根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河村 秀根(かわむら ひでね、享保8年10月12日1723年11月9日) - 寛政4年6月26日1792年8月13日))は、江戸時代中期の尾張藩士。国学者。子に、河村殷根河村益根

経歴[編集]

河村秀世の次男。はじめ尾張藩主徳川宗春の嫡男国丸に小姓として仕える。国丸没後、宗春の小姓として仕える。宗春が、将軍によって謹慎させられると、秀根も非役となる。その後、謹慎の解けた宗春に再び仕え、宗春の死後、兄の河村秀穎とともに、有職故実などの研究著作を経てのち、『日本書紀』の研究をはじめる。

兄・秀穎、長男・殷根の死を乗り越え、『書紀集解』の執筆を続ける。

殷根・益根兄弟も、父の研究の助手を行い、代表的著作である『書紀集解』の出版は、ほとんどが益根の手によるものである。

墓は平和公園内の法輪寺墓域にある[1]。戒名「葎庵秀根居士」

名古屋市長で元民主党衆議院議員の河村たかしの先祖にあたる[2]

主な著作[編集]

  • 『書紀集解』
  • 『書紀類註』
  • 『日本書紀聚財』

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『千種区の歴史』千種区婦人郷土史研究会、愛知県郷土資料刊行会、1981年。

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 千種区婦人郷土史研究会 1981, p. 133.
  2. ^ 歴史好き河村市長の先祖は書物奉行 今も蔵書四千冊公開 - CHUNICHI Web 中日新聞 2009年6月22日