河村永徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河村永徳(かわむらえいとく)は日本の映画監督脚本家

叔父は(スター誕生・日本レコード大賞・ミュージックフェア・オールナイトニッポン等)の放送作家・演出家の河村シゲル。

人物・来歴[編集]

映画製作会社 Heavenにて映像技術を学び、のちに数々の作品で編集に携わる。 その後、ドキュメンタリー作品「決心ー神楽坂恵」(映画「童貞放浪記」のメイキング)で初監督。

2015年長編自主映画「ボルトマン」(主演:芋洗坂係長)を製作し、三重県伊賀の國忍者映画祭で審査員特別賞を受賞する。

2016年短編自主映画「靴屋の愛」(出演:さとう珠緒)を製作し、群馬県伊勢崎映画祭で上毛新聞社賞を受賞する。

2017年短編自主映画「相方」(主演:九州男子)を製作。本作品は実際のお笑い芸人「九州男子」を主演にしたフェイクドキュメンタリー映画で、現在国内外の映画祭に出品中。