河村卓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河村 卓也(かわむら たくや、1969年1月2日 - )は、ビクター少年合唱隊所属(1975年1981年在籍)の日本のボーイソプラノ歌手。東京都出身。同合唱隊15期委員長もつとめた。中華人民共和国演奏旅行の際、隊員代表として谷牧副総理の招聘を受け、その模様は人民日報1980年8月1日)などでも報じられている。

1977年シングル『パンダの赤ちゃん』(ビクター音楽産業 KV-61)をソロレコーディング。少年合唱隊のLP『過ぎ行く時と友達 Le temps qui passe, Mon ami』(ビクター音楽産業 KVX-1058 1979年)では「マルセリーノの歌」「グリーングリーン」「なんでもやるさ」のソロ、LP『天使のハーモニー』シリーズでは「山口さんちのツトム君」「通りゃんせ」「ペチカ」などのソロを担当している。成人女性を思わせる低い地声の奥行きを生かし、幼い艶を残しながらも冷たい感じのする秀才肌のボーイソプラノ独唱を得意としていた。

NHK-BSおかあさんといっしょひなたおさむおにいさんはビクター少年合唱隊の同期(卒隊)。4年間ほど同じ声部でともにソロ要員のボーイソプラノとして歌っていた。森の木児童合唱団のソリスト市場衛も同年生まれ。