河島基弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河島 基弘(かわしま もとひろ、1965年9月 - )は、日本社会学者群馬大学社会情報学部講師静岡県浜松市出身。専門は社会学[1]

来歴・人物[編集]

物心ついた時から動物が好きで、子供時代の夢は動物学者になることであった。しかし、高校の生物の授業があまりにも退屈なため挫折した。また、社会問題への関心が強くなったこともあって、大学では政治学を専攻し、卒業後の職業として記者を選んだ。趣味は読書、旅行、テニス、スキー、スキューバダイビングなどのお決まり物に加え、空手、パラグライダー、乗馬、カヤックなども経験あり。現在はジムでのトレーニングと水泳[2]

専門分野[編集]

社会学

  • 文化社会学

社会人類学、比較文化論、環境倫理

研究テーマ[編集]

  • 人間と動物の関係についての歴史的・比較文化論的考察
  • メディアによる他文化表象の問題
  • 高等教育の質の変容に関する研究

著書・論文[編集]

著書[編集]

  • 『神聖なる海獣: なぜ鯨が西洋で特別扱いされるのか』(ナカニシヤ出版、2011年)ISBN 4779505577
  • 『イメージの中の日本』(慶應義塾大学出版会、2008年)ISBN 4766415396
  • 『メディア・ナショナリズムのゆくえ』(朝日選書、2006年)ISBN 4022599073

所属学会[編集]

  • 日本マス・コミュニケーション学会
  • 日本国際文化学会
  • 日本比較文化学会
  • ヒトと動物の関係学会

脚注[編集]

  1. ^ 教員紹介 河島 基弘 (かわしま・もとひろ)講師”. 群馬大学社会情報学部. 2012年2月29日閲覧。
  2. ^ 河島基弘 自己紹介”. 群馬大学社会情報学部. 2012年2月24日閲覧。

外部リンク[編集]