河合浩蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河合浩蔵.jpg

河合 浩蔵(かわい こうぞう、安政3年1月24日1856年2月29日)- 1934年昭和9年)10月6日)は主に明治・大正期に活躍した建築家

略歴[編集]

江戸・本所(東京都墨田区)で幕臣の子として生まれた。工部大学校造家学科でジョサイア・コンドルに建築を学び、1882年(明治15年)卒業(4期生)、工部省に入る。官庁集中計画に関わり、議院建築の研究のため妻木頼黄渡辺譲らとともにドイツに留学する。帰国後、司法省技師となり、司法省庁舎(エンデ・ベックマン事務所設計)の建設に従事した。

1888年(明治21年)には植田楽斎が発起人となり京都清水寺の近くに西郷隆盛像を建てる計画が立てられ、河合は像の設計者となったが発起人の植田楽斎が亡くなり実現しなかった[1]

1897年退官、神戸地方裁判所の設計委嘱を機に神戸市に移住し、1905年に河合建築事務所を開設。関西建築界では長老的な存在であった。

主な作品[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「河合浩蔵君の訃」建築雑誌1934年11月号、建築學會、1934年

関連項目[編集]