河合日辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河合 日辰(かわい にっしん、安政2年4月14日1855年5月29日)- 昭和18年(1943年6月18日)は、近代日本日蓮宗備後国(現在の広島県)出身。本名は河合謙四郎、字は啓勇、号に静照院。

経歴[編集]

備中国(現在の岡山県妙福寺を経て1887年明治20年)、鳥取県芳心寺27代住職となる。1897年(明治30年)、日蓮宗大檀林林長(現在の立正大学学長に相当)となり翌1898年(明治31年)から、妙顕寺54代貫主をつとめ1919年大正8年)、日蓮宗22代管長となり大阪府寝屋川市静照寺を建立した。

参考資料[編集]

  • 「日本人名大辞典」講談社