河原町のジュリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河原町のジュリー(かわらまちのジュリー、生年未詳 - 1984年昭和59年)2月5日)は、1960年代から1980年代に主に京都府京都市四条河原町付近を徘徊していたホームレスの愛称[1][2][3][4]

生涯[編集]

河原町通

四国出身[1]太平洋戦争に従軍し、復員後は実家の商売を継いだ[1]。2年間の結婚生活もあるが[4]1958年(昭和33年)頃に出奔して音信不通となった[1]

その後、時期は不明だが河原町界隈に現れるようになり、いつしか地元出身の歌手沢田研二ニックネームを冠され親しみを込めて「河原町のジュリー」と呼ばれるようになった[1][2][3][4]。「京の奇人」として若者向け雑誌で取り上げられたり、しばらく姿を消すと「どこに行ったの」という投書が新聞に掲載されるなど、同時代の京都市民ならば知らない者のいない有名人であり[1]、当時を知る文化人が少なからず彼について触れた文章を著している(「河原町のジュリー」を取り上げた作品参考文献の節を参照)。「ジュリー」と呼ばれるようになった由来については、長髪であったため、奇抜な服装で目立ちたがり屋だったためなど多数の説があった[5]

1984年2月5日早朝、円山公園にある祇園祭山鉾収蔵庫の前で凍死[1][5]。66歳[1][5]。遺体は親族によって引き取られた[1][5]。この冬は厳冬で、当日の気温は午前7時で氷点下2.9度であった[1]

人物[編集]

ジュリーの特徴はその容姿にあった[6]。ぼろぼろになった黒の背広を身にまとい、猫背で腕を組み、素足で河原町周辺を徘徊していた[1]。肉付きがよく厚みのある体格で[5]、顔は赤黒く、常に笑みを浮かべていた[3]。そして何よりジュリーの特徴である長髪は、ベトベトに汚れて肩から背中までを覆っていた[5]

三条通アーケードをねぐらに[1]独り言をつぶやきながら[7]一日がかりで寺町通四条通河原町通・三条通の順にゆっくりと巡回した[1]。時に通行人に大声で怒鳴りかかったり、目が合うと家まで追いかけてくると噂されていたので、ジュリーと遭った通行人は目を逸らし、道を譲った[8]。そして、毎日同じ時刻・同じ場所で歩道柵にもたれかかって通行人をぼんやりと眺めるのが常であった[1]

人づき合いは嫌いだったようで、ジュリーと話したことがあるという者は少ない[1]。しかし、すり足でチョコチョコと歩く姿には愛嬌があり、付近の派出所の警官は「憎まれたとか、迷惑がられたとかの話はなかった」と述べている[1]バースナックのママにもファンがいて、衣類や食物を与えていたという[5]

伝説化[編集]

河原町のジュリーは、2000年頃からインターネット上を中心にして再び話題に上るようになった[2]。ジュリーには生前から「真っ白なバルキーセーターを着ているのを見た」・「本物のジュリーの曲を歌いながら歩いていた」といった伝説が生まれていた[5]が、現実のジュリーの行動は他の浮浪者と異なるものではなく、前述の通り「怒鳴られる」・「追いかけられる」恐怖から、距離を置かれる存在でもあった[9]

一方で、この時期に語られる伝説は生前に語られていたジュリー像からは大きく変化している[10]。例えば「かつては大金持ちであったが何らかの理由で浮浪者となった」あるいは「ジュリーは実は大金持ちで何らかの理由で浮浪者のふりをしている」といった伝説では、浮浪者となった(または浮浪者のふりをしている)理由として様々な説が語られているが、その多くは「世の無常を悟った」など哲学的な理由付けがなされているものが多い[10]。そして、死に際しては、京都新聞で「大きく報道された」とされるし、その遺体は無縁仏として葬られ、市民有志によって追悼式が行われたとされている[11]。死亡の理由も、無理解な行政の福祉職員が散髪させたため体温を保つ手段を失って凍死したという説が流布されている[12]

一介の浮浪者にニックネームが付けられて親しまれていたことが「京都ならでは」のことでリベラルな市民性の象徴と評され、ジュリーは、京都あるいは当時の京都を体現し象徴する存在として語られるようになっていった[12]。そうであるから、ジュリーは、ただの浮浪者であってはならなかったし、あくまで天涯孤独で、地域の名士として扱われていなければならなかった[12]

死後20年近くが経って生前のジュリーの印象は薄れるとともに、インターネットの普及によって様々な個人の記憶に基づく断片的な情報が繋ぎ合わされ取捨選択されていく中で、地域の名物男に過ぎなかった「河原町のジュリー」は、京都の気風や文化を象徴する「カリスマ」・「哲人」・「聖人」として伝説化されていったのである[10][13]

「河原町のジュリー」を取り上げた作品[編集]

エッセイ[編集]

マンガ[編集]

楽曲[編集]

ゲーム[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「ア・ペン-過去語らず 京の奇人逝く」『京都新聞』1984年2月22日付夕刊、9面。
  2. ^ a b c 飯倉義之 「奇人論序説-あのころは『河原町のジュリー』がいた」『世間話研究』第14号、世間話研究会、2004年、55頁。
  3. ^ a b c 若島正「現代のことば-河原町のジュリー」『京都新聞』2007年2月5日付夕刊、2面。
  4. ^ a b c 『ますます勝手に関西遺産 哲学心誘う 孤高の歩み 河原町のジュリー』- 朝日新聞 2011年10月19日 夕刊 2ページ
    【河原町のジュリー】哲学心誘う 孤高の歩み - 朝日新聞 2011年10月27日
  5. ^ a b c d e f g h 小林浜子 「河原町のジュリー達」『貧乏-現代風俗'90』リブロポート1989年、254頁。
  6. ^ 前掲 飯倉(2004)、60頁。
  7. ^ 前掲 飯倉(2004)、66頁。
  8. ^ 前掲 飯倉(2004)、61-62頁。
  9. ^ 前掲 飯倉(2004)、61頁。
  10. ^ a b c 前掲 飯倉(2004)、62頁。
  11. ^ 前掲 飯倉(2004)、63頁。
  12. ^ a b c 前掲 飯倉(2004)、64頁。
  13. ^ 前掲 飯倉(2004)、65-66頁。

参考文献[編集]

  • 飯倉義之 「奇人論序説-あのころは『河原町のジュリー』がいた」『世間話研究』第14号(参考)、世間話研究会、2004年、53-82頁
  • 小林浜子 「河原町のジュリー達」『貧乏-現代風俗'90』リブロポートISBN 978-4845704590)、1989年、253-254頁
  • 「ア・ペン-過去語らず 京の奇人逝く」『京都新聞』1984年2月22日付夕刊、9面
  • 若島正「現代のことば-河原町のジュリー」『京都新聞』2007年2月5日付夕刊、2面
  • 『ますます勝手に関西遺産 哲学心誘う 孤高の歩み 河原町のジュリー』- 朝日新聞 2011年10月19日 夕刊 2ページ

関連項目[編集]

  • 広島太郎(広島の繁華街に出没するホームレス)