河北通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河北通
Toru-Kawkita.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 京都府
生年月日 (1972-10-10) 1972年10月10日(45歳)
身長 160cm
体重 53kg
血液型 O型
騎手情報
所属団体 JRA
初免許年 1991年
免許区分 平地・障害
騎手引退日 2009年12月20日
重賞勝利 3勝
通算勝利 3116戦205勝
テンプレートを表示

河北 通(かわきた とおる、1972年10月10日 - )は日本中央競馬会 (JRA) ・栗東トレーニングセンターに所属する調教助手で、元騎手騎手免許平地競走障害競走両方の免許を所持していたが、障害競走への騎乗経験はなかった。

来歴[編集]

1991年、JRA競馬学校騎手課程を卒業し騎手免許を取得する。同期の騎手には郷原洋司四位洋文藤田伸二らがいる。デビュー時から小野幸治厩舎所属である。3月2日、初騎乗となった中京競馬場での第4レースでは2番人気だったフォースシクレノンに騎乗するも10着という結果に終わった。5月5日に行われた京都競馬場での第12レースで騎乗した4番人気のスリーリリックで勝利し初勝利を挙げる。

1992年中京記念で13番人気のブライアンカーチスで重賞初騎乗、10着となる。

1993年10月18日地方競馬初騎乗。同年のスプリンターズステークスで12番人気のロングキャロットでGI初騎乗、13着となる。

1994年、アーリントンカップを4番人気だったメルシーステージで制し重賞初勝利を挙げる。

1996年3月16日にJRA通算100勝を達成する。

2003年9月24日に地方競馬での初勝利を挙げる。

2007年7月22日にJRA通算200勝を達成する。

2008年にはかねてより脱臼癖がついていた(本人曰く「くしゃみをしただけでも肩が外れるほど」だったという)左肩の手術のため、10月4日札幌競馬場での騎乗を最後に長期療養に入った。手術は「骨を削って別の個所に埋め込みピンで固定する」「医者が5人ぐらい立会いでやった」ほどの大掛かりなものとなった[1]。その後リハビリを経て、翌2009年1月24日中京競馬場での騎乗を皮切りにレースでの騎乗を再開している。しかし、同年12月20日をもって騎手を引退し、所属していた小野幸治厩舎の調教助手に転身した。

おもな騎乗馬[編集]

騎乗成績[編集]

日付 競馬場・開催・レース 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1991年3月2日 1回中京3日3R 4歳未勝利 フォースシクレノン 13頭 2 10着
初勝利 1991年5月5日 4回京都6日12R 5歳上900万円下 スリーリリック 13頭 4 1着
重賞初騎乗 1992年3月22日 1回中京6日11R 中京記念 ブライアンカーチス 13頭 13 11着
重賞初勝利 1994年2月27日 1回中京2日11R アーリントンカップ メルシーステージ 10頭 4 1着
GI及びJpnI初騎乗 1993年12月19日 5回中山6日10R スプリンターズステークス ロングキャロット 14頭 12 13着
GI及びJpnI初勝利 未勝利

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]