河内清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

河内 清(かわち きよし、1907年4月20日 - 1991年2月11日)は、フランス文学者、静岡大学名誉教授。

愛知県知多郡内海町(現・南知多町)出身。第一高等学校を経て、1930年東京帝国大学仏文科卒業。徳川義忠(尾張徳川家・分家)の家庭教師を務め、31年草村北星の龍吟社に入る。32年藤山工業図書館勤務、38年財団法人東亜研究所近衛文麿総裁)に入り調査員となる。戦後の47年広島文理科大学および広島高等師範学校講師、48年静岡高等学校教授、49年静岡大学文理学部教授、54年図書館長、62年文理学部長、65年改組により初代人文学部長、67年東京教育大学教授、71年定年退官、静大名誉教授、72年白百合女子大学教授、78年定年退職。(『西吹く風 河内清遺稿集』付載年譜)

エミール・ゾラを主とするフランス自然主義を研究し、日本の自然主義との比較をおこなった。

著書[編集]

  • エミール・ゾラ 世界評論社 1949
  • ゾラとフランス・レアリスム 自然主義形成の一考察 東京大学出版会 1975
  • ゾラと日本自然主義文学 梓出版社 1990.9
  • 西吹く風 遺稿集 河内清先生の会 1991.9

共編著[編集]

  • 自然主義文学 各国における展開 勁草書房 1962

翻訳[編集]