河井醉茗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河井 醉茗(かわい すいめい、1874年明治7年)5月7日 - 1965年昭和40年)1月17日)は、日本詩人。本名、又平。大阪府堺市生まれ[1]

文庫」の記者として詩欄を担当し、多くの詩人を育てる。また雑誌「女性時代」「詩人」を刊行するなどして口語自由詩を提唱した。詩集に『無弦弓』『塔影』など。

経歴[編集]

1874年5月4日、大阪府堺市北旅籠町に生れた。父は又平、母はせいで、呉服商を営んでいた。幼名は幸三郎。1881年錦西小学校入学。東京専門学校中退[1]。18歳で「少年文庫」などに詩などの投稿を重ねる。20歳のときに詩「亡き弟」が初めて「少年文庫」に掲載され、以後「文庫」(「少年文庫」改題)の記者として、1907年に退くまで詩欄を担当し、北原白秋島木赤彦らを世に送った[1]。また「よしあし草」の詩歌欄を編集。1901年に詩集『無弦弓』を刊行。1893年に石井たまと結婚し一男六女を授かる。1922年に相州平塚海岸に移住。

このほか「女子文壇」「新少女」の編集に当たり、「文庫」を退いた後は「詩人」を発行し口語自由詩散文詩を推進。また日本詩人協会や大日本詩人協会の創立にも参加したり、女性時代社をおこして「女性時代」を刊行するなど、昭和期において詩の発展に尽力した。1937年、芸術院会員[1]島本久恵と再婚し、長男島本惠也、二男島本融をもうけた。戦後1949年、詩誌『塔影』を創刊[1]。ほか、日本詩人クラブ日本文芸家協会名誉会員。1965年1月17日、東京都目黒区中目黒の自宅で、急性心臓衰弱のため没した。

著書[編集]

  • 『無弦弓』内外出版協会 1901 詩集
  • 『剣影』金色社 1905
  • 『塔影』金尾文淵堂 1905 詩集
  • 『玉虫』女子文壇社 1906
  • 『論説記事文範』編 博文館 通俗作文全書 1907
  • 『新体詩作法』博文館 通俗作文全書 1908
  • 『霧』東雲堂 1910
  • 『新体少女書翰文』博文館 1912
  • 『なゝ姫 少女物語』同文館 1913
  • 『街樹』梁江堂書店ほか 1915
  • 『弥生集』天佑社 1921 詩集
  • 『東京近郊めぐり』博文館 1922 大空社 1992
  • 『砂上に咲く花 少女物語』天佑社 1923
  • 『酔茗詩集』アルス 1923
  • 『生ける風景』アルス 1926
  • 『日本立志物語』高畠華宵絵 アルス 日本児童文庫 1928
  • 『紫羅欄花 詩集』東北書院 1932
  • 『南窓』人文書院 1935
  • 『明治代表詩人』第一書房 1937
  • 『酔茗詩抄』岩波文庫 1938
  • 『酔茗詩話』人文書院 1938 日本図書センター 1990
  • 『トホリヤンセ 新興童謠繪本』清原ひとし画 岡村書店 1941
  • 『酔茗随筆』起山房 1943
  • 『真賢木』金尾文淵堂 1943 詩集
  • 『花鎮抄』金尾文淵堂 1946 詩集
  • 『詩の作り方』民生本社 1948
  • 『塔影・花鎮抄 詩集』西郊書房 日本定本詩集 1948
  • 『河井酔茗詩集』小牧健夫解説 角川文庫 1953
  • 『千里横行 河井酔茗詩集』島本融編 塔影詩社 1966

共著編[編集]

  • 『詩美幽韻』編 内外出版協会 1900
  • 『吹雪の敵 悲絶痛絶』井上松雨共著 金港堂 1902
  • 『青海波』編 内外出版協会 1905
  • 『桂の巻』河井酔茗 (又平) 選 戸田直秀編 佐久良書房 1906
  • 『女子作文良材』溝口白羊共編 三星書房 1908
  • 『文庫詩抄』編 酣灯社 1950

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 訃報 読売新聞 1965年1月18日朝刊15頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]