河井醉茗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河井 醉茗(かわい すいめい、1874年明治7年)5月7日 - 1965年昭和40年)1月17日)は、日本詩人。本名、又平。大阪府堺市生まれ[1]

文庫」の記者として詩欄を担当し、多くの詩人を育てる。また雑誌「女性時代」「詩人」を刊行するなどして口語自由詩を提唱した。詩集に『無弦弓』『塔影』など。

経歴[編集]

1874年5月4日、大阪府堺市北旅籠町に生れた。父は又平、母はせいで、呉服商を営んでいた。幼名は幸三郎。1881年錦西小学校入学。東京専門学校中退[1]。18歳で「少年文庫」などに詩などの投稿を重ねる。20歳のときに詩「亡き弟」が初めて「少年文庫」に掲載され、以後「文庫」(「少年文庫」改題)の記者として、1907年に退くまで詩欄を担当し、北原白秋島木赤彦らを世に送った[1]。また「よしあし草」の詩歌欄を編集。1901年に詩集『無弦弓』を刊行。1893年に石井たまと結婚し一男六女を授かる。1922年に相州平塚海岸に移住。

このほか「女子文壇」「新少女」の編集に当たり、「文庫」を退いた後は「詩人」を発行し口語自由詩散文詩を推進。また日本詩人協会や大日本詩人協会の創立にも参加したり、女性時代社をおこして「女性時代」を刊行するなど、昭和期において詩の発展に尽力した。1937年、芸術院会員[1]島本久恵と再婚し、長男島本惠也、二男島本融をもうけた。戦後1949年、詩誌『塔影』を創刊[1]。ほか、日本詩人クラブ日本文芸家協会名誉会員。1965年1月17日、東京都目黒区中目黒の自宅で、急性心臓衰弱のため没した。

著書[編集]

詩集
  • 無弦弓(1901年1月、内外出版協会)
  • 塔影(1905年3月、金色社)
  • 弥生集(1911年3月、天佑社)
  • 醉茗詩集(1923年7月、アルス)
  • 紫羅欄花(1932年7月、東北書院)
  • 真賢木(1943年12月、金尾文淵堂)
  • 花鎮抄(1946年10月、金尾文淵堂)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 訃報 読売新聞 1965年1月18日朝刊15頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]