沮渠蒙遜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
武宣王 沮渠蒙遜
北涼
第2代王
王朝 北涼
在位期間 401年 - 433年
都城 張掖姑臧
姓・諱 沮渠蒙遜
諡号 武宣王
廟号 太祖
生年 建元4年(368年
没年 義和3年(433年
皇后 孟王后
陵墓 元陵
年号 永安 : 401年 - 412年
玄始 : 412年 - 428年
承玄 : 428年 - 431年
義和 : 431年 - 433年

沮渠 蒙遜(そきょ もうそん)は五胡十六国時代北涼の第2代王。北涼の実質的建国者。

生涯[編集]

臨松郡(現在の甘粛省張掖市)盧水胡[1]の出身。代々盧水胡族長を務めた家に生まれた。優れた才能があり、権謀に通じていたために後涼の懿武帝呂光らに恐れられた。このため常に酒を飲んで彼らの目を欺いたという。

龍飛2年(397年)、西秦討伐の失敗の責任を取らされて伯父の沮渠羅仇麹粥兄弟が呂光によって誅殺されると、その葬儀の席で宗族数万人の前に呂光の非道を糾弾、後涼からの自立を宣言して挙兵。従兄弟の沮渠男成と協力して建康郡(現在の甘粛省酒泉市)に迫り、後涼の建康郡太守だった漢人の段業を擁立した。これが北涼の建国である。

天璽3年(401年)に策を弄して男成と段業を殺害、自ら涼州・張掖公を称し北涼の支配者となる。

領域を西秦南涼西涼後涼後秦北魏に囲まれ、勢力拡大は困難であったが、強きに従い弱きを討つ巧みな外交を展開して領域を拡大、玄始10年(421年)に西涼を滅ぼして敦煌を支配下に入れ、河西地方全域を支配した。

西秦と対抗するために夏・北魏と提携する一方、江南の東晋へも遣使し涼州牧・河西王に封じられた。だが、承玄4年(431年)に西秦・夏が滅亡すると華北における北魏の影響力が増大したため、北魏に人質を送り涼州牧・涼王に封じられた。

義和3年(433年)に病死、享年66。北魏はその葬儀に使節を派遣し、武宣王と追諡した。

脚注[編集]

  1. ^ 盧水胡は『晋書』載記では匈奴の支族とされているが、他にも月氏説、独自の少数民族説などがある。

伝記史料[編集]

  • 魏書』巻九十九 列伝第八十七 盧水胡沮渠蒙遜伝
  • 北史』巻九十三 列伝第八十一 沮渠蒙遜伝