沢田館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
沢田館
青森県
城郭構造 平山城
築城主 沢田(恵比奈)氏
築城年 不明
主な城主 沢田定兼、目時正宗
廃城年 不明
遺構 曲輪土塁
指定文化財 史跡等未指定[1][2]
埋蔵文化財
包蔵地番号
青森県No.206152
「沢田館跡」[2]
位置 北緯40度34分36.1秒 東経141度08分03.1秒 / 北緯40.576694度 東経141.134194度 / 40.576694; 141.134194座標: 北緯40度34分36.1秒 東経141度08分03.1秒 / 北緯40.576694度 東経141.134194度 / 40.576694; 141.134194
地図
沢田館の位置(青森県内)
沢田館
沢田館
テンプレートを表示

沢田館(さわだだて)は、青森県十和田市沢田に所在した日本の城

概要[編集]

沢田館は陸奥国糠部郡沢田村に所在し、奥入瀬川右岸の沢田集落の南西の丘陵地に位置した。東西約100メートル×南北約100メートル、東・北・西側の3面に土塁を伴う空堀が巡り[3]、南面は急崖となって沢に落ちる。

築城時期は不明。中世~近世初期の平城で、沢田(恵比奈)氏の居館。沢田氏天正19年(1591年)の九戸政実の乱の時には三戸南部信直に味方した。

天正20年(1592年)の『諸城破却書上』には、「沢田 平城 破 恵比奈左近 持分」とあるが破却を免がれ、慶長3年(1598年)の『館持支配書』には「沢田館 1300石 沢田助三郎(定兼)」とある。

寛永4年(1627年)、沢田定兼が盛岡城勤めとなり当地を離れると、甥の目時正宗が継承し目時氏の居館となった[3]

当館西方4キロメートルに奥瀬氏一族あるいは畠山氏一族の居館とも伝えられる芦名沢館(十和田市沢田字芦名沢)が残されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「十和田市の文化財」十和田市公式HP
  2. ^ a b 「青森県遺跡地図・遺跡地名表」青森県公式HP
  3. ^ a b 十和田市教育委員会 2016 p.8

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『角川日本地名大辞典 2 青森県』角川書店、1985年12月1日。ISBN 4-04-001020-5

関連項目[編集]