沢村鐵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

(さわむら てつ、1970年11月11日[1] -)は、日本小説家岩手県釜石市鵜住居町出身[1]

2000年、地方都市の学校を舞台としたミステリー小説『雨の鎮魂歌(レクイエム)』(幻冬舎)でデビューする。

作品一覧[編集]

警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結シリーズ[編集]

  • フェイスレス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結(2013年6月 中公文庫
  • スカイハイ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結2(2013年9月 中公文庫)
  • ネメシス - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結3(2014年2月 中公文庫)
  • シュラ - 警視庁墨田署刑事課特命担当・一柳美結4(2014年7月 中公文庫)

クラン シリーズ[編集]

  • クランI 警視庁捜査一課・晴山旭の密命(2015年7月 中公文庫)
  • クランII 警視庁渋谷南署・岩沢誠次郎の激昂(2015年11月 中公文庫)
  • クランIII 警視庁公安部・区界浩の深謀 (2016年6月 中公文庫)
  • クランIV 警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心 (2016年12月 中公文庫)
  • ゲームマスター 国立署刑事課 晴山旭・悪夢の夏 (2017年2月 祥伝社文庫)
  • クランⅤ 警視庁渋谷南署巡査・足ヶ瀬直助の覚醒 (2017年7月 中公文庫)
  • クランⅥ 警視庁内密命組織・最後の任務(2018年1月 中公文庫)

極夜 シリーズ[編集]

  • 極夜1 シャドウファイア 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2019年8月 祥伝社文庫)
  • 極夜2 カタストロフィスト 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2019年11月 祥伝社文庫)
  • 極夜3 リデンプション 警視庁機動分析捜査官・天埜唯 (2020年4月 祥伝社文庫)

世界警察 シリーズ[編集]

  • 世界警察1 叛逆のカージナルレッド (2021年3月 中公文庫)
  • 世界警察2 輻輳のウルトラマリン (2021年9月 中公文庫)

その他[編集]

  • 雨の鎮魂歌(2000年9月 幻冬舎)→ 雨の鎮魂歌 (2018年10月 中公文庫)
  • 運命の女に気をつけろ(2008年6月 ジャイブ
  • 封じられた街 北風のポリフォニー(2008年11月 ポプラ社
  • 封じられた街 薄氷(うすらい)のディープシャドウ(2009年3月 ポプラ社)
  • 十方暮の町(2011年9月 角川書店
  • ノヴェリストの季節(2016年3月 徳間書店
  • ミッドナイト・サン (2017年6月 双葉文庫)
  • あの世とこの世を季節は巡る(2018年3月 潮文庫)
  • はざまにある部屋(2020年7月 潮文庫)
  • 謎掛鬼 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿(2022年5月 双葉文庫)

アンソロジー[編集]

「」内が沢村鐵の作品

  • Kiss. (2006年11月 ピュアフル文庫) 「4年目のオーキッドレイン」
  • もうひとつの夏休み(2008年7月 ピュアフル文庫) 「アイム・ノット・イン・ラヴ」
  • あの日から―東日本大震災鎮魂 岩手県出身作家短編集 (2015年10月 岩手日報社) 「もう一人の私へ」
  • 刑事の灯 (2020年4月 双葉文庫) 「道案内 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿」
  • 偽りの捜査線 警察小説アンソロジー(2022年6月 文春文庫) 「類まれなるランデブー」

雑誌掲載作品[編集]

「」内が沢村鐵の作品

  • 小説BOC 1(2016年春号 中央公論新社) 「SITL」
  • 小説推理(2020年6月号 双葉社) 「道案内 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿」
  • 小説推理(2020年11月号 双葉社) 「癒やし人 殴り人 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿」
  • 小説推理(2020年12月号 双葉社) 「謎掛鬼 睥睨鬼 警視庁捜査一課・小野瀬遥の黄昏事件簿」
  • オール讀物(2022年2月号 文藝春秋) 「類まれなるランデブー -JAXAダークファイル」

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 沢村鐵のフィラメント profile(2011年9月13日閲覧)

外部リンク[編集]