沢崎浩平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

沢崎 浩平(さわさき こうへい、1933年6月28日 - 1988年1月8日)は、フランス文学者。

東京生まれ。1957年、東京大学仏文科卒業、1966年、東京都立大学大学院博士課程修了、都立大学仏文科助教授、教授。1988年1月2日、同日未明に死去したロシア文学者の夫人沢崎洋子の葬儀の打ち合わせ中に倒れ、そのまま死去した。前年11月に助教授の足立和浩が46歳で急死した直後のことで、相次ぐ俊秀の死に都立大仏文科は衝撃に襲われた。

ロラン・バルトの翻訳で知られる。英文学者の沢崎順之助は兄。

訳書[編集]

  • S/Z バルザック『サラジーヌ』の構造分析 ロラン・バルト みすず書房, 1973
  • セラフィタ バルザック 世界幻想文学大系:国書刊行会 1976/単行新装版 1995
  • テクストの快楽 ロラン・バルト みすず書房, 1977
  • 旧修辞学 ロラン・バルト みすず書房, 1979
  • 第三の意味 映像と演劇と音楽と ロラン・バルト みすず書房, 1984
  • サン=シモン主義の歴史 セバスティアン・シャルレティ 小杉隆芳共訳 法政大学出版局, 1986
  • 美術論集 アルチンボルドからポップ・アートまで ロラン・バルト みすず書房, 1986
  • テクストの出口 ロラン・バルト みすず書房, 1987
  • 偶景 ロラン・バルト 萩原芳子共訳 みすず書房, 1989