没食子酸プロピル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
没食子酸プロピル
Propyl gallate
識別情報
CAS登録番号 121-79-9 チェック
PubChem 4947
EINECS 204-498-2
MeSH Propyl+Gallate
特性
化学式 C10H12O5
モル質量 212.20 g/mol
外観 白色の結晶性粉末
融点

150℃

沸点

(分解)

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

没食子酸プロピル(もっしょくしさんプロピル または ぼっしょくしさんプロピル)は、食品の酸化防止剤として使用される食品添加物である。日本ではバターなどの油脂類に用いられることがある。

概略[編集]

ジブチルヒドロキシトルエンブチルヒドロキシアニソールよりも抗酸化作用が強力だという特長を持つ。しかし比較的油に溶けにくいという欠点も持っていて、添加する食品によっては紫色に変色してしまうということもある。急性毒性としてマウスLD50は1.35g/Kg程度。また変異原性が認められており、染色体異常試験で陽性、DNA修復試験でも陽性である。なお他の物質を同時に摂取した時の相互作用については未確認の部分もある。

関連項目[編集]