沙織事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沙織事件(さおりじけん)とは、1991年(平成3年)にアダルトゲーム沙織 -美少女達の館-』を開発・発売したフェアリーテールが摘発された事件である[1]日本の成人向けゲーム業界に衝撃を与え、コンピュータソフトウェア倫理機構設立のきっかけともなった。

背景[編集]

当時はパソコン所持者をマイコン族と称し、後年の「オタク」と同じく否定的な意味合いが含まれるほど、パソコンは一般に普及しておらず、パソコンゲームもマイナーなものであった。そのため、各メーカーの倫理観は希薄であって明確な規制が設けられておらず、性器部分に最初からモザイク処理されていない場合もあった。また、処理されている場合でも、特定のキーを押してコマンドを入力すればモザイクを外せる仕様がしばしば見られた[要出典]

1986年(昭和61年)、刑法177条強姦罪をモチーフにした『177』(マカダミアソフト/デービーソフト)が公明党草川昭三により国会で取り上げられ、激しく非難を受けた[2]。元々あまり知名度の高い作品では無かったが、コンピューターゲームに性的表現を含むものがあることが、世に広く知られるに至った[2]

さらに、この事件では成人向けコンピュータゲームを18歳未満の中高生が購入していた[3]ことも、非難の理由となった。

経緯[編集]

1991年、未成年の男の子が、成人向けゲーム『沙織 -美少女達の館-』を万引きするという事件が起きた。本来ならこの少年が当然の処分を受けて終わるはずであったが、「有害コミック」への非難が高まる中(有害コミック騒動)、コンピュータゲームにもその矛先が向けられることとなった[要出典]

その結果、1991年11月25日に少年課は『沙織』の発売元である「X指定」[注 1]および「フェアリーテール (FAIRYTALE)」ブランドを有するキララおよび親会社のジャスト (JAST)、そして家電販売店など4箇所の家宅捜索に着手し、当時のジャストの社長やキララの配送室長が猥褻図画販売目的所持で逮捕された[3]。対象となったのは、フェアリーテール・X指定の『沙織』と『ドラゴンシティX指定』、ジャストの『天使たちの午後3 番外編』『天使たちの午後4 〜ゆう子〜』であった。この事件は後に『沙織事件[1]、あるいは社名の頭文字から『FJ事件』と呼称されるようになった。

影響[編集]

この事件を受け、ビジュアルアーツ傘下のブランドであるボンびぃボンボン!から発売されたばかりの『しぇいくしぇいく!』は、販売中止を余儀なくされた[1]。 また、ビジュアルアーツ代表の馬場隆博は、この事件によって一時期アダルトゲーム開発の動きが鈍ったと2019年の電ファミニコゲーマーとのインタビューの中で振り返っている[1]

これを受け、アダルトメーカー各社は性的表現の修正に追われることとなったうえ、統一した基準がないことから[注 2]、性的表現そのものを削除する判断を下したメーカーもあった。当事者のアイデスはキララより改称したうえで純愛・ギャグ・硬派・ホラーといった多様な方向性を模索し、ジャストは修正を厳しくすることでそれぞれしのいだ[要出典]。こうした混乱から、アダルトゲーム業界としての組織防衛の必要性が認識され、コンピュータソフトウェア倫理機構(ソフ倫、EOCS)が1992年(平成4年)に設立されることとなる。

1992年、先の事件を受けて日本パーソナルコンピュータソフトウェア協会(パソ協)が性的描写の存在する旨を伝える「18禁シール」を製作し、販売した。これが、コンピュータゲームにおける公的なレイティングの初出である。

1992年7月、宮崎県において青少年保護育成条例が改定されてコンピュータソフトウェアも有害図書の対象となり、『電脳学園』 (GAINAX) などが指定された[要出典]

1992年、アダルトゲーム制作各社が会合を開き、ソフ倫を設立した。ソフ倫は、レイティングとして全年齢対象の「一般作」、18歳未満禁止の「18禁」の2つ[注 3]を設け、ソフ倫の審査を受けずに成人向けソフトを販売した場合、流通を通さないよう問屋に要請した。その結果、未審査の成人向けソフトは事実上商業ベースでは出回らなくなった。

一連の出来事は、日本のコンピュータゲームにおいて自主規制によるレイティングを設ける契機となった。成人向けコンピュータゲームを主な対象とするのはソフ倫のほか、2003年よりコンテンツ・ソフト協同組合 (CSA) による審査が加わった。

家庭用ゲーム機においては、ハードメーカーによる独自審査が長く続いたが、2002年よりコンピュータエンターテインメントレーティング機構 (CERO) による審査が行われている[注 4]

当該作品のその後[編集]

キララ(現F&C)とジャストの対応は分かれた。キララは当該作品を廃盤とし、修正版を出すことはなかった。後年におけるF&Cの商品情報[5]でも作品リストから外されており、発売自体無かったものとして扱われている。

一方、ジャストは当該作品を廃盤にしたのち、『天使たちの午後3 番外編』については『天使たちの午後3 番外編・反省版』として単体で発売した。また、『天使たちの午後 CollectionII』には、『天使たちの午後3 番外編・反省版』と『天使たちの午後4 〜ゆう子〜』の修正版が収録された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「X指定ブランド」というブランド名。アメリカ映画協会レイティングである「X指定(当時。18歳未満禁止。現在は17歳以下禁止(つまり18歳未満禁止と同じだが、表現だけ変わった)であるNC-17が相当。映画のレイティングシステム#アメリカ参照)」から取ったが、本作自体は明確に18歳未満禁止をうたっていたわけではない。
  2. ^ 当時キララに在籍していた田所広成によると、同社はJAMMAのレーティングを参考に「パンツを履かせる」修正を行ったという[4]
  3. ^ やがて15歳未満禁止の「R指定」も追加され、「15歳以上推奨」「12歳以上推奨」に細分化されている。
  4. ^ パソコンゲームの審査も行っているが、性的表現による18歳未満禁止に相当するソフトは認めていない。そのため、当該ソフトの審査はソフ倫などで行う必要がある。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 「Kanon」や「CLANNAD」「Angel Beats!」など…「泣きゲー」からアニメ原作まで、美少女IPを仕掛け続けた28年! ビジュアルアーツのユニークなブランド戦略と経営思想を馬場隆博社長に聞いてみた (1ページ目)”. 電ファミニコゲーマー (2019年11月5日). 2019年11月6日閲覧。
  2. ^ a b 松田 (2018年1月18日). “とんがりギャルゲー紀行 第12回:177”. 電脳世界のひみつ基地. 2019年11月6日閲覧。
  3. ^ a b 朝日新聞 縮刷版』 1991年11月25日号夕刊 「パソコンゲームわいせつソフト 販売容疑で業者逮捕」
  4. ^ 田所広成『田所広成の反省記 業界の浮雲児が見た90年代エロゲの時代 F&C編 上巻』レレレレコード、電子書籍 pp.193-194
  5. ^ 商品情報(PC用ゲームソフト)

関連項目[編集]