沖縄県道73号石川仲泊線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
沖縄県道73号標識
沖縄県道73号
石川仲泊線
路線延長 3.674km
制定年 1976年
起点 うるま市
終点 国頭郡恩納村
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0329.svg国道329号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号(国道329号と重複)
沖縄自動車道
Japanese National Route Sign 0058.svg国道58号
沖縄県道6号線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

沖縄県道73号石川仲泊線(おきなわけんどう73ごう いしかわなかどまりせん・主要地方道石川仲泊線)は沖縄県うるま市石川国頭郡恩納村仲泊を結ぶ主要地方道

概要[編集]

区間[編集]

通過自治体[編集]

  • うるま市-国頭郡恩納村

交差する路線[編集]

重複する路線[編集]

  • 沖縄県道6号線(終点部分・もとはこの路線だった)

主要施設[編集]

歴史[編集]

  • 1975年(昭和50年) 海洋博覧会での国道58号那覇方面から沖縄自動車道石川ICへアクセス道路、一般県道6号線のバイパスとして開通(国道58号への出入口は那覇方面にしかなかった)。
  • 1976年(昭和51年) 県道6号線のバイパス部分が現路線として主要地方道に昇格。
  • 1998年(平成10年) 国道58号名護方面への出入口を含めたバイパスが開通。同時に県道6号うるま市方面から国道58号へ直接アクセスできるようになった。

特徴[編集]

  • 1975年(昭和50年)の海洋博那覇など沖縄本島中南部方面の国道58号から当時開通したばかりの沖縄自動車道(石川 - 許田)の石川ICへのアクセス道路として建設された。したがって当時から4車線だった。また当時開通した国道58号仲泊バイパス(本線)への出入口は立体交差で那覇方面しかなく、名護方面には旧道へ迂回しなければいけなかった。1998年(平成10年)にようやく名護方面にも国道への出入口が完成し、県道6号(うるま市側)方面からの国道へのアクセスとあわせて交通の便がよくなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]