沖縄県道72号名護運天港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
沖縄県道72号標識
沖縄県道72号
名護運天港線
路線延長 19.545km
陸上区間 18.74km
制定年 1965年
(主要地方道指定は1976年
起点 名護市
終点 国頭郡今帰仁村
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0449.svg国道449号
沖縄県道91号本部循環線
(国道449号と505号に各々重複)
沖縄県道84号名護本部線
沖縄県道123号線
Japanese National Route Sign 0505.svg国道505号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

沖縄県道72号名護運天港線(おきなわけんどう72ごう なごうんてんこうせん・主要地方道名護運天港線)は沖縄県名護市屋部と国頭郡今帰仁村運天港を結ぶ主要地方道

概要[編集]

区間[編集]

  • 起点:名護市字屋部(国道449号
  • 終点:国頭郡今帰仁村字上運天(運天港
  • 総延長:19.55km
  • 実延長:18.74km

通過自治体[編集]

  • 名護市-国頭郡今帰仁村

交差する路線[編集]

重複路線[編集]

  • 沖縄県道123号線(今帰仁村呉我山の旧道部分が重複)
  • 国道505号(今帰仁村仲宗根で被重複)

主要施設[編集]

  • 今帰仁郵便局(今帰仁村仲宗根)
  • 今帰仁村役場(同・国道505号被重複区間内)
  • 運天港(終点)

路線バス[編集]

かつては今帰仁村仲宗根 - 運天港間に名護バスターミナルから運天港へ向かう運天線や本部半島線が運天港経由で乗り入れたりしていたが、2002年(平成14年)に廃止された。屋部 - 仲宗根間はもともと路線バスが通っていないため、この路線には現在路線バスは乗り入れていない。したがって運天港へは自家用車または仲宗根で下車後タクシーで行くことになる。

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年)に琉球政府道として指定されたが、当時は屋部村(現名護市)屋部 - 今帰仁村仲宗根が117号線、同村仲宗根 - 運天港が運天港仲宗根線とそれぞれ別路線で指定された。現在の県道が同村仲宗根で途切れているのはこの名残である。なお運天港仲宗根線は1965年(昭和40年)に政府道117号線に編入された。
  • 1972年(昭和47年)5月の本土復帰と同時に一般県道117号線となり、1976年(昭和51年)に現在の路線名で主要地方道に昇格した(路線番号も117→72と変更された)。
  • 本部半島を南北に横断する唯一の路線にもかかわらず、1980年代まで道路状況がよくなかった。特に今帰仁村呉我山 - 仲宗根の区間は1990年代初めまで自動車がようやく1台通れるくらいの狭さしかなく、文字どおりの“険道”だった。
  • 1990年代初めにようやく、今帰仁村呉我山 - 仲宗根の区間内にトンネル2ヶ所を含むバイパスが開通し、不便険道は解消され、名護市街地から今帰仁方面の近道となった。また伊平屋島伊是名島行の航路が本部港発着から運天港に移り、重要な路線となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]