沖縄県道7号奥武山米須線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 7.svg
沖縄県道7号標識
沖縄県道7号
奥武山米須線
路線延長 18.291km
制定年 1953年
(主要地方道指定は1993年
起点 那覇市
主な
経由都市
豊見城市
終点 糸満市
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
Japanese National Route Sign 0332.svg国道332号(国道331号と重複)
沖縄県道221号那覇内環状線
沖縄県道62号線
沖縄県道11号線
沖縄県道68号線
沖縄県道249号東風平豊見城線
(県道11号・68号と各々重複)
那覇空港自動車道Japanese National Route Sign 0506.svg国道506号
沖縄県道82号那覇糸満線
沖縄県道134号線
沖縄県道77号糸満与那原線
沖縄県道250号糸満具志頭線
沖縄県道54号線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

沖縄県道7号奥武山米須線(おきなわけんどう7ごう おうのやまこめすせん・主要地方道奥武山米須線)は沖縄県那覇市奥武山町と糸満市米須とを結ぶ主要地方道

概要[編集]

区間[編集]

通過自治体[編集]

交差する路線・鉄道[編集]

重複される路線[編集]

  • 沖縄県道82号那覇糸満線(糸満市賀数 - 座波 - 両路線とも旧道)

主要施設[編集]

  • 奥武山公園(那覇市奥武山町)

路線バス[編集]

  • 那覇市 - 豊見城市の区間には那覇バスが主に通っているが、2006年(平成18年)2月20日より浦添市宜野湾市方面ゆきの琉球バス(現・琉球バス交通)の一部路線が那覇バスターミナルから豊見城市我那覇に延伸され、この区間に乗り入れられた。これにより小禄から乗り換えなしで浦添・西原・宜野湾方面に行くことが可能になった。モノレールの最寄り駅は奥武山公園駅で那覇空港へは同駅でモノレールに乗り換えて行くことになる。
  • 豊見城市 - 糸満市照屋高嶺入口交差点の区間は糸満西原線(33番・46番)が通っているが、豊見城市内では豊見城市内一周線(105番)が一部、糸満市賀数 - 照屋では県道134号経由の沖縄バス糸満線がそれぞれ乗り入れている。この区間は1980年代から1990年代前半にかけての道路整備で所々に短絡するミニバイパスが建設された。そのためバイパス完成後はルートもそこに移している(賀数 - 照屋間は座波が兼城地域の中心地であるため旧道を通っている)。
  • 糸満市照屋交差点以南の区間は国吉線(85番・86番)と南部循環線(107番・108番)が主に通っているが、各集落部を通るため全区間は通っていない。バスの本数も照屋以北に比べ少ない。

那覇市 - 糸満市照屋間を通る路線

  • 9番・小禄石嶺線(那覇バス市内線) 那覇市奥武山 - 小禄交差点
  • 11番・安岡宇栄原線(那覇バス市内線) 那覇市山下橋交差点 - 小禄交差点
  • 33番・糸満西原(末吉)線(那覇バス) 那覇市奥武山 - 糸満市照屋高嶺入口(小禄 - 豊見城・賀数 - 照屋は旧道)
  • 35番・糸満(志多伯)線(沖縄バス) 糸満市賀数県道134号交点 - 照屋高嶺入口(主に旧道区間)
  • 46番・糸満西原(鳥堀)線(那覇バス) 那覇市奥武山 - 糸満市照屋高嶺入口
    (小禄 - 豊見城・賀数 - 照屋は旧道区間を通る。豊見城団地・武富ハイツ経由は豊見城市高嶺豊見城団地入口 - 糸満市賀数南山病院前交差点は通らない)
  • 55番・牧港線(琉球バス交通) 那覇市奥武山 - 豊見城市豊見城りうぼう前(小禄 - 豊見城間はバイパス)
  • 88番・宜野湾線(琉球バス交通) 那覇市奥武山 - 豊見城市豊見城りうぼう前(小禄 - 豊見城間はバイパス)
  • 98番・琉大(バイパス)線(琉球バス交通) 那覇市奥武山 - 豊見城市豊見城りうぼう前(小禄 - 豊見城間はバイパス)
  • 101番・平和台安謝線(那覇バス) 那覇市山下橋交差点 - 豊見城市上田豊見城交差点
  • 105番・豊見城市内一周線(琉球バス交通) 那覇市山下橋交差点 - 豊見城市保栄茂(豊見城市の以下の区間を除く)
    • 豊見城バイパス交点 - 宜保(バイパス交点でバイパスに入り、豊見城りうぼう前まで通る)
    • 上田交差点 - 平良中央公民館入口交点
    (豊見城団地入口交点で豊見城団地に入り、団地周辺を循環したあと同交点に戻り保栄茂へ向かう)
  • 200番・糸満おもろまち線(沖縄バス) 糸満市賀数県道134号交点 - 照屋高嶺入口(主に旧道区間)
  • 235番・志多伯おもろまち線(沖縄バス) 糸満市賀数県道134号交点 - 照屋高嶺入口(主に旧道区間)

かつては国道331号経由の糸満(高良・小禄)線も通っていたが、モノレール開通による路線再編で廃止された。

糸満市照屋以南を通る路線(いずれも琉球バス交通)

  • 81番・西崎向陽高校線 糸満市照屋高嶺入口 - 新垣交差点(大里の一部区間を除く)
  • 85番・国吉(大里廻り)線 糸満市照屋高嶺入口→新垣交差点(大里の一部区間を除く)
  • 86番・国吉(真栄里廻り)線 糸満市新垣交差点→照屋高嶺入口(大里の一部区間を除く)
  • 107番・南部循環(真壁廻り)線 糸満市照屋高嶺入口→新垣交差点(大里の一部区間を除く)・真壁→米須
  • 108番・南部循環(喜屋武廻り)線 糸満市米須→真壁・新垣交差点→照屋高嶺入口交差点(大里の一部区間を除く)

歴史[編集]

  • 1953年 - 琉球政府道7号線として指定され、うち小禄 - 照屋間はのちに軍道となる。
  • 1972年 - 5月 本土復帰と同時に一般県道7号線となる。
  • 1993年 - 県道7号線が現路線名をつけて同じ路線番号のまま主要地方道に昇格した。

特徴[編集]

  • 急速な都市化で交通量が増大し、道路拡幅工事や改良工事がよく行われている。那覇市小禄 - 豊見城市宜保間ではバイパスまたは4車線化(バイパスと並行している部分では2車線のまま)。豊見城市宜保 - 糸満市照屋間では改良工事で現道と旧道の目立つ箇所が多い(旧道の多くは野放し状態)、この区間は2車線だが3車線分の広さを確保している。しかし沿線はサトウキビ畑か家が所々あるだけで車線を増やす予定は今のところない。現在は糸満市照屋 - 終点の区間が所々拡幅工事が行われている。
  • 2003年(平成15年)に那覇空港自動車道豊見城IC開通で、同自動車道方面から那覇空港へ向かう車で同IC - 豊見城市宜保間の交通量が増大していたが、豊見城・名嘉地IC2008年(平成20年)に暫定開通し、幾分は緩和された。
  • 那覇から糸満市摩文仁の平和祈念公園へ向かうときはこの路線がよく利用される。豊見城市 - 糸満市街間の国道331号は2車線で交通量も多いため、比較的空いているこの路線が利用される。この路線は戦跡地巡りの観光道路としての役割りもあるが、路線バスは那覇 - 糸満照屋間は比較的多いものの、照屋以南は人口が少ないため本数も少ない。
  • 交通量が多くなり道路整備が本格化された1980年頃から全区間で駐車禁止の規制が敷かれていたが、2006年(平成18年)の駐車監視員制度導入に伴う駐車違反の厳格化を機に、その後糸満市内の区間では一部区間を除き駐車違反の影響が及ばないためか駐車禁止規制が解除されている。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]