沖縄県道236号玉城那覇自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
沖縄県道236号標識
沖縄県道236号
玉城那覇自転車道線
沖縄のみち自転車道
路線延長 14.8km(計画延長 33.5km)
起点 南城市玉城字前川(沖縄県道17号線
主な
経由都市
南城市、島尻郡与那原町、島尻郡南風原町那覇市
終点 那覇市首里真和志町(沖縄県道49号線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

沖縄県道236号玉城那覇自転車道線(おきなわけんどう236ごう たまぐすくなはじてんしゃどうせん)は、沖縄県南城市玉城前川と那覇市首里当蔵町の首里城公園とを結ぶ一般県道の自転車兼歩行者専用道路。通称「沖縄のみち自転車道」

概要[編集]

通過自治体[編集]

交差・並行(重複)路線[編集]

主要施設[編集]

歴史・特徴[編集]

  • 1989年(平成元年)に沖縄本島南東部(南城市)の史跡と那覇市の首里城とを結ぶ本格的な自転車道として県道に指定。
  • 同年着工、2006年(平成18年)春までに事業完了させる予定だったが完成しているのは南城市内の一部区間にとどまっている。全線開通は今のところ未定。
  • 自転車道であるため、市町道に並行しているところでは自転車道兼歩道部分のみが県道となる(一般車道は市町道のまま)。国道や他の県道に並行(重複)しているところではその路線が優先となるため重複となる。
  • 毎年秋に開催される「尚巴志ハーフマラソン」にこの道路が一部マラソンコースとして使われている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]