沖縄県道13号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
沖縄県道13号標識
沖縄県道13号線
路線延長 6.18 km2009年現在)
起点 名護市字辺野古
終点 名護市字久志
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0329.svg国道329号
Japanese National Route Sign 0331.svg国道331号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

沖縄県道13号線(おきなわけんどう13ごうせん)は沖縄県名護市字辺野古と名護市字久志とを結ぶ一般県道

概要[編集]

区間[編集]

  • 起点:名護市字辺野古(国道329号・旧道)
  • 終点:名護市字久志(国道329号)
  • 総延長:6.18km(2009年
  • 実延長:5.86km(2009年)
    2010年に名護市久志 - 宜野座村松田潟原の区間が廃止されたため、総延長と実延長は廃止前年の2009年現在のデータ。

通過自治体[編集]

  • 名護市

交差する路線[編集]

  • 国道329号(起点、終点)
  • 国道331号(起点・終点、いずれも国道329号に重複)

路線バス[編集]

かつては沖縄バスの久志線(現在は廃止)が豊原 - 久志間を通っていたが、現在は同じ沖縄バスの77番辺野古経由名護東線が1日数本この区間を通っている。ここを通らないときは国道329号を通る。那覇・中部方面から東海岸回りで名護市街に向かうバスは3路線あるが、久志・豊原・辺野古・二見を経由するバスはこの路線しかないため、車やバイクのない人にとっては重要な交通手段となっている。

歴史[編集]

  • 1953年(昭和28年)に以下の区間が13号線として指定される。
  • 軍道・政府道13号線は糸満町(現糸満市糸満) - 国頭村奥の約160km近くあり、那覇市以北の1号線(現国道58号)よりも長かったが、久志村(現名護市)以北では未整備だった。西海岸の1号線に対して、東海岸の大動脈だった。
  • 1972年(昭和47年)の本土復帰とともに13号線は以下のように国道・県道へと分かれた。なお1976年(昭和51年)まで県道13号線は南部と北部の2ヶ所に分かれていた。
    • 糸満市糸満 - 与那原町上与那原・県道13号線→1976年に沖縄県道77号糸満与那原線として主要地方道に昇格
    • 与那原町与那原 - 名護市二見(うち宜野座村松田 - 名護市辺野古は軍道区間)・国道329号
    • 宜野座村松田 - 名護市辺野古(政府道区間)・県道13号線
    • 名護市二見 - 東村平良・沖縄県道名護国頭線(主要地方道・県道13→70号)→1993年(平成5年)に国道331号に昇格
    • 東村平良 - 国頭村奥・沖縄県道名護国頭線(主要地方道・県道13→70号)→1993年(平成5年)に沖縄県道70号国頭東線に変更
  • この路線は同区間に並行するの国道329号が復帰前、軍道としてのバイパスに対しての旧道だった。現在起点の国道329号は1990年代初期に開通した辺野古バイパスの旧道となったため、一部は「旧道の旧道」となっている。
  • 2010年(平成22年)3月に名護市久志 - 宜野座村松田潟原の区間が廃止され、国道329号との重複区間を解消。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]