沖縄県立那覇商業高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
沖縄県立那覇商業高等学校

校舎外観
校舎外観

過去の名称 那覇区立商業学校
那覇市立商業学校
那覇市立第二商業学校
那覇商工学校
沖縄群島政府立那覇商業高等学校
琉球政府立商業高等学校
政府立那覇商業高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 沖縄県の旗 沖縄県
校訓 士魂商才 自主独立
設立年月日 1905年9月11日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程、定時制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(定時制)
設置学科 商業科・会計科
情報処理科・国際経済科
学期 3学期制
高校コード 47122E
所在地 900-8557
沖縄県那覇市松山一丁目16番地1号
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

沖縄県立 那覇商業高等学校(おきなわけんりつ なはしょうぎょう こうとうがっこう)は、沖縄県那覇市松山にある県立の商業高等学校。沖縄県の商業系高校では最古、最難、最大規模の学校。略称は「那覇商」(なはしょう)。

沿革[編集]

       8月13日 2回戦 那覇商4-2横浜

       8月17日 3回戦 那覇商1-2佐賀商(ベスト16進出)

  • 2011年10月 - 新校舎(普通教室棟)が完成。

設置学科[編集]

全日制

  • 商業科 (160人、4クラス)
    • ビジネス基礎・簿記・商業技術等の専門科目を重点的に学習し、将来、事務や販売、ビジネスの基本的な知識・技術などを身につけた経済界のスペシャリストとして活躍できる人材を育成する。
  • 会計科 (80人、2クラス)
    • 簿記・会計・原価計算・会計実務等の科目を重点に学習し、企業会計についての専門的な知識・技術を身につけ、会計実務のスペシャリストとして広く経済界で活躍できる人材を育成する。  
  • 情報処理科(80人、2クラス)
    • 情報処理に関する基礎的な知識や技術を習得させる。また、プログラミングによる論理的な思考力、マルチメディアを活用した創造力、情報倫理に関しての判断力を身につけさせ、グローバルな高度情報通信ネットワーク社会をリードするスペシャリストを育成する。
  • 国際経済科 (40人、1クラス)
    • 外国語によるコミュニケーション能力を育て、国際感覚を備えた産業人を育成するとともに、進学を目標に指導の徹底を図る。特に外国語では、オーラルコミュニケーション・リーディング・ライティング・中国語等の単位数を増やし、グローバルな視点からの人材育成を行う。

定時制

  • 商業科(40人)

年間行事[編集]

アクセス[編集]

モノレール

バス

  • 商業高校前バス停から徒歩5分
    • 2番・識名開南線 (那覇バス市内線)
    • 5番・識名牧志線 (那覇バス市内線)
    • 15番・寒川線 (那覇バス市外線)
    • 45番・与根線 (那覇バス市外線)

出身著名人[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]