沖縄県立八重山商工高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖縄県立八重山商工高等学校
Okinawa Prefectural Yaeyama Commercial and Technical High School.jpg
過去の名称 琉球政府立八重山商工高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 沖縄県
併合学校 沖縄県立八重山高等学校定時制課程
校訓 友愛津梁
設立年月日 1967年4月10日
創立記念日 9月20日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
設置学科 (全日制)
機械電気科
情報技術科
商業科
(定時制)
商業科
高校コード 47138A
所在地 907-0002
沖縄県石垣市真栄里180番地
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

沖縄県立八重山商工高等学校(おきなわけんりつ やえやましょうこうこうとうがっこう)は沖縄県石垣市真栄里に所在する県立高等学校

本校は石垣市内にある高校の中でもっとも南に位置し、また石垣市よりも南には高校がないため、本校が日本で最も南に位置する高校である。

学科[編集]

  • 全日制課程
    • 機械・電気科
      • 機械コース
      • 電気コース
    • 情報技術科
    • 商業科
      • 会計システムコース
      • 情報ビジネスコース
      • 観光コース
  • 定時制課程
    • 商業科

沿革[編集]

野球部[編集]

2005年11月3日、監督の伊志嶺吉盛が率いる本校野球部が第117回九州地区高等学校野球大会(秋季九州大会)で準優勝。翌2006年1月31日に第78回選抜高等学校野球大会(春の甲子園)への出場が正式決定し、沖縄県の離島にある高校として初の甲子園出場を果たした。大会では3月24日の1回戦で先発投手大嶺祐太による毎回17奪三振の好投もあって高岡商に5-2で勝利。日本全国の離島勢としても甲子園初勝利を挙げた。しかし3月29日の2回戦で、この大会優勝の横浜に6-7で敗れた。

2006年7月16日、第88回全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)沖縄県大会で優勝し、離島勢初の夏の甲子園出場を決めた。8月8日の1回戦において、延長10回の激戦の末、千葉経大付に9-6で逆転勝利。8月13日の2回戦でも松代に5-3で勝利した。8月16日の3回戦で智辯和歌山に3-8で敗れたが、大会のベスト16に名を連ねた。大会後、春夏連続の甲子園出場を記念したモニュメントが校内中庭に建立された[2]

それまで沖縄県の離島では、甲子園出場を目指す選手は沖縄本島や県外の野球強豪校に進学することが多かった[3]が、上記のような野球部の活躍により、2007年4月には沖縄県内のみならず他県出身の選手も入部した。本土出身の選手が沖縄県の離島にある高校に野球留学で入学するのは初のケースであった[2]

著名な卒業生[編集]

所在地[編集]

  • 校舎:〒907-0002 沖縄県石垣市真栄里180
  • 学寮:沖縄県石垣市真栄里161-2

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 崎原恒新『八重山ジャンルごと小事典』p.208, ボーダーインク、1999年8月1日
  2. ^ a b めざせ甲子園6 意外な甲子園効果!? 八重山商工 琉球朝日放送報道制作部、2007年6月4日。
  3. ^ ザ・決断!スペシャル ~八重山商工野球部物語~:テレビ東京 テレビ東京、2015年6月27日閲覧。

外部リンク[編集]