沖縄エキスポランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖縄エキスポランド(おきなわエキスポランド)は、かつて沖縄県国頭郡本部町にあった沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)が運営していた遊園地である。

概要[編集]

1975年(昭和50年)の沖縄海洋博覧会とあわせて、海洋博会場(現国営沖縄記念公園海洋博公園))内に開園した。海洋博開催中の総入場者数は約350万人。

当初の運営は財団法人沖縄県リゾート開発公社が行っていたが、1979年(昭和54年)に財団法人沖縄県観光開発公社に吸収され、1994年(平成6年)に社団法人沖縄県観光連盟との統合により財団法人沖縄ビジターズビューロー、さらに1996年(平成8年)には財団法人沖縄コンベンションセンター、財団法人沖縄コンベンションビューローとの統合により財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)と変わった。

1989年(平成元年)度の150万人の年間入場者数を機に減少し、それ以後、毎年2700万 - 8200万円の赤字を出し、1998年(平成10年)度には4億以上の累積欠損となった。経営を行っていたOCVBは、比較的収入のあった海軍壕施設、ブセナリゾート施設(ブセナ海中公園)からの収益を充てる計画もあったが、欠損は埋めきれないと予想された。さらに、アトラクションの老朽化も進み、経営改善は望めないと判断され、2000年(平成12年)3月をもって閉園した。

なお、沖縄エキスポランドの閉園により沖縄の遊園地専業のテーマパークはすべて閉園した(なお、動物園運営の沖縄こどもの国が小規模の遊園地を併設している)。

沿革[編集]

  • 1975年(昭和50年)7月20日 - 沖縄海洋博覧会の開会に伴い開園。
  • 1979年(昭和54年)10月 - (財)沖縄県リゾート開発公社が(財)沖縄県観光開発公社に吸収され、運営権が移行。
  • 1994年(平成6年)4月 - (財)沖縄観光開発公社、(社)沖縄県観光連盟の統合により(財)沖縄ビジターズビューローに運営権が移行。
  • 1996年(平成8年)4月 - (財)沖縄ビジターズビューロー、(財)沖縄コンベンションセンター、(財)沖縄コンベンションビューローの統合により(財)沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)に運営権が移行。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月31日 - 閉園。
    • 4月27日 - 幼児用バッテリーカーなどの遊戯機を沖縄こどもの国へ寄贈。

跡地[編集]

閉園後、県有地であった跡地は県に返還されたが、沖縄振興開発特別措置法によって指定された観光振興地域であったこともあり、観光施設への代替を行うため、売却を予定していた。

最終的に、2002年(平成14年)に本部町により土地が購入され、1998年(平成10年)に設立された同町などが出資の第三セクターであるエキスポ開発が、250室を有する長期滞在型のリゾートホテル建設を計画したが、資金調達難等の問題により凍結された。

その後は空き地のまま放置されたが、2010年(平成22年)5月オリオンビールがエキスポ開発に出資したうえで、ホテル建設事業へ参入。2014年7月に ホテルオリオンモトブリゾート&スパとして開業した。


なお、園内で使用されていた約300万円ほどになる幼児用バッテリーカーなど遊戯機42台は沖縄こどもの国に無償で寄贈された。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]