沖大幹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖 大幹(おき たいかん、1964年 - )は、日本水文学者、東京大学生産技術研究所教授、気象予報士

経歴[編集]

東京生まれ、西宮育ち。灘高等学校卒、1987年東京大学工学部土木工学科卒。89年同大学院工学科研究科修士課程修了。

東京大学生産技術研究所助手、1993年「水文・水資源予測のための大気水循環過程に関する研究」で工学博士。95年講師、97年助教授、2002年文部科学省大学共同利用機関総合地球環境学研究所助教授、2003年東大生産技術研究所助教授、06年教授。2016年10月より国際連合大学上級副学長、国際連合事務次長補を務める。

日経地球環境技術賞日本学士院学術奨励賞など表彰多数。国土審議会委員なども務める。

著書[編集]

  • 『水危機ほんとうの話』新潮選書 2012
  • 『東大教授』新潮新書、2014

共編著[編集]

翻訳[編集]

  • Robin Clarke, Jannet King『水の世界地図』監訳 沖明訳 丸善 2006
  • Maggie Black, Jannet King『水の世界地図 刻々と変化する水と世界の問題』第2版 監訳 沖明訳 丸善 2010

参考[編集]