沈徳潜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沈徳潜
Shen deqian.jpg
『清代學者像傳』より
プロフィール
出生: 1673年康煕12年)
死去: 1769年(清乾隆34年)
出身地: 江蘇省長洲県呉県への編入などを経て今の蘇州市
職業: 文人・学者
各種表記
繁体字 沈德潛
簡体字 沈德潜
拼音 Shěn Déqián
注音二式 Shěn Déchián
和名表記: しん とくせん
発音転記: シェン トーチェン
ラテン字 Shên3 Tê2ch'ien2
テンプレートを表示

沈 徳潜(しん とくせん、Shěn Déqián1673年康熙12年) - 1769年乾隆34年))は中国朝中期の文人学者江蘇省長洲県の人。は確士、は帰愚、は文愨。

卓越した才を持ちながら官途に恵まれず、1739年(乾隆4年)、67歳にしてようやく進士に挙げられた。乾隆帝は称して老名士となし、召して歴代の詩の源流昇降を論ぜしめ、大いにこれを賞賛した。礼部侍郎に抜擢されたが、寄る年波には勝てず、帰郷を願い出て許された。その後、銭陳群等とともに文学サロン香山九老会に関与し、大老と称せられた。乾隆帝は自作の「懐旧」詩に沈徳潜と銭陳群とを並び称して「東南二老」とした。数え年97まで長命し、卒するに及んで太子太師の称号を贈られた。

その詩は格律にすこぶる厳密で「淳古淡白」と言われ、王士禎の「神韻説」、袁枚の「性霊説」とともに当時の詩壇の一角を形成。格律を重視するところからとりわけ性霊説とは鋭く対立した。

著作に『五朝詩別裁集』『古詩源』『唐宋八家文読本』『帰愚詩文鈔』等がある。『五朝詩別裁集』のうち、唐朝の部に当たる『唐詩別裁集』は『唐詩三百首』の祖形となったことでも知られる。『帰愚詩文鈔』は自作の詩文集。