沃川陸氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沃川陸氏옥천육씨)は、朝鮮氏族の一つ。本貫忠清北道沃川郡である。2015年調査では、22593人である。

起源[編集]

陸氏は、中国河南省平原般郡陸郷に由来する。

歴史[編集]

「沃川陸氏大同譜」と「朝鮮氏族統譜」によると、始祖は、927年中国唐朝から新羅へ移住・帰化した中国浙江省出身の陸普である。明宗が文学典礼之臣を新羅に宣教師として送った際に洪殷説などと8学士の一人として移住した。

しかし、 その後の系譜は失伝し、高麗忠烈王時代の主簿陸仁端を一世祖とした。

本館[編集]

沃川は忠清北道南部沃川郡を指す。「世宗実録地理志」に忠清道沃川郡の土姓として陸・・申の4姓が記録されている。 1896年忠清北道沃川郡となった。

分派[編集]

陸仁端の孫陸巨遠の息子の代で分派した。長男陸麗は徳谷公派、次男陸沆は公州牧使公派、三男陸埤は巡察使公派、四男陸綬は郎将公派の祖となり、末子陸台貴の家系は孫の代で絶えた。

  • 徳谷公派 - 陸麗
  • 牧使公派 - 陸沆
  • 巡察使公派 - 陸埤
  • 郎将公派 - 陸綬

人物[編集]

徳谷公派の陸麗は高麗末も都巡察使として倭賊を撃退し功を立てた。高麗が滅亡し、朝鮮となると、官職を捨て、忠清南道公州徳里に隠居した。彼の孫陸命山は、大将軍を務め、次世代で石同系と石貞系に分かれた。

牧使公派陸沆の長子陸晋の子孫には副尉陸渚と済州牧師陸閑、東来県監陸世英、儒学者陸相贄などがあり、次男陸常の子孫でには同知中枢府事陸春秀、万戸陸碩と訓練院判官陸成禹などがある。

巡察使公派は陸埤の息子陸涯が参判を務め、その息子부사 육지と参奉陸軒の代で2派に別れた。

郎将公派は、将士郎陸漢宗と通政大夫陸鵬が代表的であり、粛宗時代の学者陸鴻は文章と徳行で知られ、「石亭遺稿」を残した。[1]

行列字[編集]

25世 26世 27世 28世 29世 30世 31世 32世 33世 34世 35世

科挙及第者[編集]

沃川陸氏は朝鮮時代の文科及第者1人、武科及第者7人、生員・進士11人を輩出した。[2]

文科

陸大春

武科

陸億亀 陸自屹 陸重秀 陸重輝 陸震声 陸千亀 陸忠立

生員試

陸公達 陸金石 陸大鵬 陸炳蘭 陸相竜 陸峙

進士試

陸用弼 陸鍾允 陸祉遠 陸海源 陸鴻運

集成村[編集]

人口[編集]

  • 1985年沃川陸氏(4,341世帯18,027人)+管城陸氏(110世帯460人)= 18,487人
  • 2000年沃川陸氏(6,259世帯20,173人)+管城陸氏(404世帯1,329人)= 21,502人
  • 2015年沃川陸氏21,410名+管城陸氏1,183人= 22,593人

参考文献[編集]

関連項目[編集]