決闘の町 (1953年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
決闘の町
Law and Order
監督 ネイサン・ジュラン
制作会社 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗1953年5月13日
日本の旗1981年1月21日 (テレビ放映)
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

決闘の町』(けっとうのまち、原題:Law and Order)は、アメリカ西部劇映画。日本では劇場未公開となっているが、1980年に主演のロナルド・レーガンが大統領に就任したことを記念して彼の大統領就任の日に近い1981年1月21日に日本テレビ『水曜ロードショー』で(祝 大統領就任特別企画)と銘打って初公開された。

あらすじ[編集]

1882年。村の保安官ジョンソンは厳正な仕事ぶりで名高い。住民達はジョンソンに非協力的であり、やる気を失ったジョンソンは他の土地への移住を決意。コットンタウンという町に腰を落ち着けようとするが、そこで早速事件に巻き込まれる。コットンタウンでは、ジョンソンを恨むダーリングがボスとして居座っていたのだ。判事のウィリアムズはジョンソンに保安官になるように依頼するが、ジョンソンは拒否。代わりに弟が保安官に着任。しかしジョンソンの弟はダーリングの弟ともめた挙句、射殺される。ジョンソンはウィリアムズに自分に全権を与えるなら保安官の職を引き受けると要求。ウィリアムズは住民の武器の所有を禁じる法案を通過させ、住民達は全員銃器の所持を禁じられる。実はこの頃ジョンソンのもう一人の弟はダーリングの妹と恋仲になっており、恋愛をやめさせようとしたダーリングの弟ともみ合って射殺する事件を起こす。正当防衛と思われる状況だったが、ダーリングはジョンソンの弟を故意に逃がす一方でジョンソンが住民達から武器を取り上げておいて自分の弟の犯罪は見逃していると非難する。武器を取り戻そうとする住民達とジョンソンはもみ合いになり、その最中ジョンソンとダーリングは取っ組み合いを始める。馬車に乗って逃亡を図るダーリング、なおも追うジョンソン。ダーリングは馬車から転落し走り込んで来た別の馬車に轢かれ死亡。ジョンソンの弟は見逃すことも可能だったが、ジョンソンは弟に裁判を受けさせるために追跡を始めるのだった。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]