汪肇龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

汪肇龍 (おう ちょうりゅう、男性、1722年 - 1780年)は、中国清朝中期の篆刻家である。新安印派程邃巴慰祖胡唐らと「歙四家」と称揚される。の肇龍は肇隆また肇リュウ(氵+隆)とも署す。を稚川、は松麓。安徽歙県の人。

程芝華の『古蝸篆居印述』(1824年)に巴慰祖とともに模刻がある。

出典[編集]