池見陽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

池見 陽(いけみ あきら、1957年 - )は日本のフォーカシング指向心理療法家、臨床心理学者。臨床心理士。医学博士(産業医科大学・1989年)。関西大学臨床心理専門職大学院教授[1]。日本における心身医学の創設者である池見酉次郎は叔父にあたる。


経歴[編集]

  • 1975年 神戸マリスト国際学校卒業。
  • 1979年 Boston College, School of Arts and Sciences, BA(Psychology and Philosophy, magna cum laude).
  • 1980年 University of Chicago, Division of Social Sciences, MA (Social Sciences).
  • 1980年~1983年 北九州市立医療センター(旧北九州市立小倉病院)心療内科心理士。
  • 1983年~1992年 産業医科大学助手・講師。
  • 1992年~1997年 岡山大学教育学部助教授(兵庫教育大学大学院併任助教授)。
  • 1997年~1999年 神戸女学院大学人間科学部・大学院人間科学研究科助教授。
  • 1999年~2006年 神戸女学院大学人間科学部・大学院人間科学研究科教授。
  • 2006年~2009年 関西大学文学部・大学院文学研究科教授。
  • 2009年〜現在   関西大学臨床心理専門職大学院教授[1]

学会活動等[編集]

  • 日本人間性心理学会会員(2002年度大会会長 常任理事2006-2009年)
  • 日本自律訓練学会評議員(会長 2007-2008年)
  • The Focusing Institute (USA) Board of DIrectors, Certifying Coordinator.
  • World Association for Person-Centered and Experiential Psychotherapy and Counseling (WAPCEP) Board of Directors.
  • 日本心身医学会評議員
  • 日本産業精神保健学会会長
  • 日本心理臨床学会会員(広報委員2008-2009年)
  • 日本産業カウンセリング学会会員
  • 日本フォーカシング協会メンバー(元会長、事務局長)
  • 第21回フォーカシング国際会議実行委員長(2009年開催)[1]

著書[編集]

  • 『心のメッセージを聴く』1995年、講談社
  • 『フォーカシングへの誘い-個人的成長と臨床に生かす「心の実感」』1997年、サイエンス社
  • 『僕のフォーカシング=カウンセリング』2010年、創元社
  • 『傾聴・心理臨床学アップデートとフォーカシング 感じる・話す・聴くの基本』2016年、ナカニシヤ出版

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]