池見酉次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

池見 酉次郎(いけみ ゆうじろう、大正4年(1915年6月12日 - 平成11年(1999年6月25日)は日本心身医学心療内科の基礎を築いた草分け的な日本医学者福岡県糟屋郡粕屋町生まれ。甥は臨床心理学者の池見陽

旧制福岡中学(現福岡県立福岡高等学校)、九州帝国大学医学部卒業。戦後、アメリカの医学が日本に流入した際、心身医学の存在を知る。昭和27年(1952年)にはアメリカミネソタ州のメイヨー・クリニックに留学し、帰国後、日野原重明三浦岱栄らと共に昭和35年(1960年日本心身医学会を設立し、初代理事長になる。翌昭和36年(1961年九州大学に国内最初に設立された精神身体医学研究施設(現在の心療内科に当たる)教授に就任し、内科疾患を中心に、心と体の相関関係に注目した診療方法を体系化、実用化に尽力した。

九州大学医学部名誉教授、自律訓練法国際委員会名誉委員長、日本心身医学会名誉理事長、国際心身医学会理事長、 日本交流分析学会名誉理事長などを歴任。

平成11年(1999年)6月25日肺炎のため、福岡市内の病院で死去。84歳。

著書[編集]

  • 『心療内科』(中公新書)(中央公論社, 1963年12月)
  • 『自己分析―心身医学からみた人間形成』(講談社現代新書)(講談社, 1968年10月)
  • 『セルフ・コントロールの医学』(NHK出版, 1978年7月)
  • 『自己をととのえる~セルフコントロールと自己実現/すこやかな人生を』(NHKサービスセンター, ラジオ深夜便カセット文庫, 1997年9月)