池田長紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田長紀
時代 江戸時代
生誕 宝暦6年 (1756年)
死没 文政6年 (1823年)
別名 競、主殿、伊賀(通称
幕府 江戸幕府
備前岡山藩
氏族 伊木家片桐池田家
父母 伊木忠知、養父:池田長玄
兄弟 忠亮忠識長紀、菅実寧、娘(池田博道正室)、娘(池田長旧正室)
養子:長貞
テンプレートを表示

池田 長紀(いけだ ながのり)は、岡山藩家老片桐池田家第7代当主。

生涯[編集]

宝暦6年(1756年) 、岡山藩筆頭家老・伊木家7代当主伊木忠知の子として生まれる。父忠知が片桐池田家4代長喬の子であったことから、7代長玄の養子として迎えられた。

文化2年(1805年)9月、長玄の隠居により家督相続し、周匝2万2000石の領主となる。同年、藩主池田斉政に仕置家老に任じられて藩政を担う。

文政4年(1821年)、隠居して家督を養子の長貞に譲る。文政6年(1823年)死去。享年68。

人物[編集]

和歌に巧みな教養人であった。

参考文献[編集]

  • 『美術人名辞典』(思文閣)