池田進 (心理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 進(いけだ すすむ、1932年5月7日 - )は、心理学者関西大学名誉教授

経歴[編集]

京都市生まれ。京都市立西京高等学校卒業。1955年京都大学文学部哲学科卒業。1960年同大学院文学研究科心理学専攻博士課程満期退学。1961年日本リサーチセンター入社。1964年京都大学文学部助手。1967年関西大学社会学部専任講師。1969年助教授。1974年教授。1995年「顔の諸現象をめぐる実験的研究の展望と考察」で関西大学社会学博士。2003年定年退職、名誉教授[1]

著書[編集]

  • 『錯覚人間 疲れた脳ミソの入れかえ』青春出版社 プレイブックス 1971
  • 『人の顔または表情の識別について 初期の実験的研究を中心とした史的展望 上』関西大学出版部 1987
  • 『人の顔または表情の識別について 中』関西大学出版部 1995
  • 『ヒトから人へ 知的機能の一つの系譜』関西大学出版部 2004
  • 『人の顔または表情の識別について 下(知覚論的諸問題)』関西大学出版部 2015
共著
  • 『数字の読み方 ビジネスマンの必須条件』犬田充共著 講談社ブルーバックス 1964

脚注[編集]

  1. ^ 『人の顔または表情の識別について 下』著者紹介