池田蔵六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田蔵六

池田 蔵六(いけだ ぞうろく、1885年明治18年)12月1日[1] -1940年(昭和15年) 4月12日 [2])は、日本大蔵官僚台湾総督府官僚。

経歴[編集]

東京府東京市出身[1]1910年(明治43年)、東京帝国大学法科大学法律学科を卒業し、高等文官試験に合格した[3]専売局書記、参事補、副参事、参事を務め、三田尻専売局長、徳島専売局長、岡山専売局長、専売局煙草課長を歴任した[1]。その後、台湾総督府専売局参事に転じ、1929年(昭和4年)には専売局長となった[1]。翌年には財務局長に就任した[3]

退官後は東洋葉煙草株式会社社長を務めた[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『朝日新聞』1940年4月14日東京朝刊7頁「池田蔵六氏が死去」
  3. ^ a b c 人事興信録 1934.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(上)』人事興信所、1934年。