池田知正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田知正 / 荒木久左衛門
池田知正.jpg
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 弘治元年(1555年
死没 慶長9年3月18日1604年4月17日
別名 (別名):勝重、重成
通称久左衛門[1]
官位 左衛門尉、後に従五位下備後守民部丞
主君 織田信長荒木村重豊臣秀吉徳川家康
氏族 摂津池田氏(一時荒木姓)
父母 父:池田長正
兄弟 知正光重
養子:三九郎 (光重の子)

池田 知正(いけだ ともまさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将摂津国豊島郡国人池田長正の長男。別名は勝重(かつしげ)、重成(しげなり)。通称久左衛門(きゅうざえもん)[1]。一時期、荒木村重の配下となり荒木久左衛門と称されていた[2]

生涯[編集]

弘治元年(1555年)、摂津国の武将・池田長正の長男として誕生。弟に池田光重がいる。

父・長正の死後、家督は池田勝正[3]が継いだが、元亀元年(1570年)、知正は三好三人衆と通じて仕えていた織田信長を裏切り、池田家家臣の荒木村重と共に内紛を起こし当主の勝正を追放。家督を相続し摂津池田城主となり、元亀2年(1571年)には和田惟政を敗死させた(白井河原の戦い)。以後、摂津国の領主として一時威を奮うが、天正元年(1573年)頃から室町幕府15代将軍足利義昭と信長の仲が険悪となると、知正は細川藤孝の説得を振り切って義昭方に属した[4]ために没落。池田家は織田氏に寝返った荒木村重に乗っ取られ、知正は摂津国を追放されるが、後に信長に降伏し村重の家臣となる[5]

天正6年(1578年)10月、三木合戦で織田家臣の羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)軍に加わっていた村重は有岡城(伊丹城)にて突如、信長に対して反旗を翻した(有岡城の戦い)。村重は有岡城に篭城し、織田軍に対して1年の間徹底抗戦したが、側近の中川清秀高山右近が信長方に寝返ったために戦況は圧倒的に不利となると、天正7年(1579年)9月2日、村重は単身で有岡城を脱出して尼崎城へ移ってしまった。

11月19日、織田信長は「尼崎城と花隈城を明け渡せば、おのおのの妻子を助ける」という約束(講和)を荒木久左衛門(池田知正)ら荒木の家臣たちと取り交わし、尼崎へ逃れた村重に代わって有岡城の城守をしていた[6]久左衛門は開城を決意、津田信澄(信長の甥)が接収部隊を率いて本丸に入城し有岡城の戦いは終結した。ところが前述の講和条件を受け、久左衛門らは織田方への人質として妻子を有岡城に残し、尼崎城の村重を説得に行ったものの村重は受け入れず、有岡城に引き返しづらくなり窮した久左衛門らは妻子を見捨てて出奔した(淡路へ逃れたという[7])。 そのため信長は村重や久左衛門らへの見せしめのため、人質の処刑を命じた。

12月13日、有岡城の女房衆122人が尼崎近くの七松において鉄砲や長刀で殺された。この事は

百二十二人の女房一度に悲しみ叫ぶ声、天にも響くばかりにて、見る人目もくれ心も消えて、感涙押さえ難し。これを見る人は、二十日三十日の間はその面影身に添いて忘れやらざる由にて候なり。 — 信長公記

と記されており、この中に知正(久左衛門)の妻子も含まれていた。

淡路へ逃れて以後の消息は分かっていないが、天正10年(1582年)の本能寺の変によって信長が横死すると、その後継者となった羽柴秀吉(のち豊臣秀吉)に仕えて摂津豊島郡2,700石を与えられ、小牧・長久手の戦い九州征伐に従軍した。秀吉の死後は徳川家康に仕え、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは小山評定より従い、戦後に5,000石に加増された。

慶長9年(1604年)、死去。その跡を甥で養子の三九郎が継いだが、翌慶長10年(1605年)に死去した。代わって三九郎の父で知正の弟・光重が家督を継いだ。これにより摂津池田氏嫡流は光重の系統が継ぐこととなった。なお、庶流については池田氏没落後(戦国後期)に多くが各地に散らばって帰農しており、現在まで存続している家が多くある。

参考文献[編集]

  • 『戦国人名事典コンパクト版』阿部猛、西村圭子、新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9

脚注[編集]

  1. ^ a b 阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P76、「池田知正」の項 より。
  2. ^ 信長公記』では荒木久左衛門、『陰徳太平記』では池田久左衛門と記述されている。
  3. ^ 親戚(池田正久の子)とされるが、知正の実の兄(異母兄)との説もある。ただし年齢がかけ離れており、信憑性は薄い。
  4. ^ 「細川文書」より。
  5. ^ 知行は2780余石。村重が有岡城(伊丹城)を手に入れ居を移した後は知正が池田城主になったという話もある。
  6. ^ この段階では家臣とはいえ、元々村重の主君であったことから、村重より城守を任されていたものとみられる。
  7. ^ こちらより。
先代:
池田勝正
摂津池田氏当主
池田知正
次代:
池田三九郎