池田由道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田由道
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 延宝9年/天和元年(1681年
死没 寛保3年3月5日1743年3月30日
改名 豹次郎、由利、由道、素塵(号)
別名 織部(通称)
墓所 下谷正燈寺
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 天城池田家池田氏(播磨新宮下間氏系)
父母 池田由孝池田重教
兄弟 由勝由道、竹子、本子
伊達宗純、坂本氏
頼教政方政美島津久芳室、
中山房明室、大屋昌美
テンプレートを表示

池田 由道(いけだ よしみち)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本通称は織部。

略歴[編集]

延宝8年(1680年)、池田由孝の子として誕生。幼名は豹次郎。初名は由利

池田重教末期養子となり、元禄8年(1695年7月11日、遺領を継ぐ。元禄15年(1702年6月21日小姓となる。享保19年(1734年12月22日、家督を子・頼教に譲り致仕した。また、素塵とした。

寛保3年(1743年)3月5日、死去。享年63。下谷正燈寺に葬る。

系譜[編集]