池田清秋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田清秋

池田 清秋(いけだ せいしゅう、1879年明治12年)9月10日[1]1966年昭和41年)11月2日[2])は、日本の衆議院議員立憲民政党)。弁護士

経歴[編集]

千葉県安房郡平群村(現在の南房総市)出身[3]日露戦争に従軍後、1908年(明治41年)に日本大学法律科を卒業[2]。さらに中央大学高等研究科を卒業した[4]判事検事登用試験に合格し、司法官試補となった[3]。その後、弁護士を開業し、さらに東京市会議員に選ばれた[3]

1936年(昭和11年)、第19回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。第20回衆議院議員総選挙でも再選を果たした。

その後、蒲田女子高等学校理事・校長を務めた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 衆議院『第69回帝国議会衆議院議員名簿』、1936年。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史』
  3. ^ a b c 『衆議院要覧』
  4. ^ 『人事興信録』

参考文献[編集]

  • 『衆議院要覧(乙) 昭和十二年七月』衆議院事務局、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第11版(上)』人事興信所、1937年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。