池田清直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田清直
時代 江戸時代後期
生誕 文化9年8月15日1812年9月20日
死没 安政5年8月6日1858年9月12日
改名 摂之助(幼名)、定性(初名)、清直
別名 仲道
戒名 円徳院仁山道義
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の池田家墓所
官位 従五位下淡路守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶家定
因幡若桜藩
氏族 池田氏(仲澄流)池田氏(清定流)
父母 池田仲雅、市野氏
池田定保
兄弟 豊子、英子、文之助、品子、仲律
鉄之丞、泰次郎、寿子、仲諟清直
鋼子、正子、
清緝静子寛子
テンプレートを表示

池田 清直(いけだ きよなお)は、因幡国若桜藩(鳥取西館新田藩)8代藩主。

略歴[編集]

文化9年(1812年)8月15日、因幡鹿奴藩の第7代藩主・池田仲雅の八男として江戸で生まれる。弘化4年(1847年)に若桜藩の第7代藩主・定保が死去したため、その養子として家督を継ぎ、12月15日に従五位下・淡路守に叙位・任官する。

幕命で江戸城御門番を歴任した。安政5年(1858年)8月6日、江戸で死去した。享年47。跡を甥で養子の清緝が継いだ。

系譜[編集]