池田末男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 末男
Sueo Ikeda.jpg
渾名 「戦車隊の神様」
生誕 1900年12月21日
日本の旗 日本 愛知県豊橋市
死没 1945年8月18日
占守島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1922 - 1945
最終階級 陸軍少将
テンプレートを表示

池田 末男(いけだ すえお、1900年12月21日 - 1945年8月18日)は、日本陸軍軍人。最終階級は少将。士候34期。占守島の戦いで戦死した。「戦車隊の神様」と呼ばれる。

概説[編集]

愛知県豊橋市向山出身。陸軍憲兵少佐・池田筆吉の五男。兄・廉二は陸軍中将。豊橋中学卒業後、陸軍中央幼年学校をへて陸軍士官学校入学。大正11年7月28日卒業。騎兵連隊の中隊長を務めた後は教育畑を転々とし、1941年昭和16年11月)、満州公主嶺陸軍戦車学校の教官に着任。翌年11月、四平に学校が移転したのち、1944年(昭和19年)7月15日に校長代理。

1945年(昭和20年)1月22日、幌筵島柏原の第91師団戦車第11連隊連隊長に着任、占守島の長崎に渡る。連隊長代理・池田吉四郎らに出迎えられ千歳台の連隊本部に入る。1月24日に布達式。

1945年8月18日、戦車第11連隊を率いて占守島に侵攻したソ連軍と戦闘、これを撃破した後、四嶺山の戦闘で戦死した。戦死時の階級は大佐、のち少将に進級。

占守島の戦い[編集]

8月15日の玉音放送後、終戦業務にあたっていた。しかし、8月18日午前2時30分、千歳台の戦車第11連隊本部で堤師団長から戦闘配備命令を受けると、ただちに大和橋の第4中隊に索敵を命じ、本部および隷下の各中隊に戦闘準備と天神山への集結を命じる。自らも天神山に赴き、戦車第3中隊と合流、その後、第4中隊長の伊藤力男が村上大隊の孤立を報告する。このとき、まだ将校車と第3中隊しかいなかったが、部下たちに、「赤穂浪士となって恥を忍び後世に仇を報ずるか、それとも白虎隊となり民族の防波堤として玉砕するか」を問い、全員が玉砕を決意し、これを受けて敵軍に向けての出撃命令を下す。ソ連軍を撃破し、四嶺山を奪還するも、その後の戦闘で戦車が攻撃を受け炎上、戦死した。

経歴[編集]

  • 大正11年7月28日 陸軍士官学校卒業(第34期)
  • 大正11年10月25日 任陸軍騎兵少尉・騎兵第25聯隊附
  • 大正14年10月26日 陸軍騎兵中尉
  • 昭和7年8月8日 陸軍騎兵大尉・騎兵第27聯隊中隊長
  • 昭和10年12月 陸軍士官学校教官
  • 昭和11年8月1日 陸軍士官学校学生部附
  • 昭和12年7月 陸軍騎兵学校教官
  • 昭和12年11月 陸軍騎兵少佐
  • 昭和16年8月 陸軍中佐
  • 昭和16年11月 公主嶺陸軍戦車学校教官
  • 昭和17年11月 四平陸軍戦車学校教官(移転し改称)
  • 昭和19年7月15日 四平陸軍戦車学校長代理(~昭和19年12月30日)
  • 昭和19年12月 戦車第11聯隊長
  • 昭和20年6月 陸軍大佐
  • 昭和20年8月18日 戦死・陸軍少将進級

逸話[編集]

  • 四平の陸軍戦車学校の教え子に作家の司馬遼太郎がおり、司馬は池田から大いに薫陶を受ける。のちに、「いまでも、私は、朝、ひげを剃りながら、自分が池田大佐ならどうするだろう」と自問し、「わからない。何十年たっても答えが出ない」と述べている[1]
  • 占守島に連隊長として赴任したとき、荷物は柳行李ひとつだったという。
  • 戦車第11連隊長の職にあっても、入浴や下着の洗濯などの身の回りのことは、当番兵を使わずに自分で済ませた[2]。当番兵が恐縮すると「お前たちは私ではなく、国に仕えているのだ」と言った[2]。連隊の学徒出身者には「貴様たちは、得た知識を国のために活かすのが使命だ。自分たち軍人とは立場が違う」と語った[2]
  • 1945年(昭和20年)1月24日の布達式の際、吹雪の中で机の上に立ち挨拶をおこなったという。
  • 最期は軍服を脱ぎワイシャツに鉢巻姿であったという。

脚注[編集]

  1. ^ 『風塵抄』(中央公論社)、村井重俊「週刊朝日」
  2. ^ a b c 早坂隆 (2015年11月25日). “1945年、占守島…日本を分断から救った男たち” (日本語). WEB歴史街道. PHP研究所. 2019年7月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 大野芳 『8月17日、ソ連軍上陸す』新潮社
  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。