池田方教

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
池田方教
時代 江戸時代中期
生誕 明和2年(1765年)または明和8年(1771年
死没 寛政3年9月24日1791年10月21日
別名 角次郎、隆之助(通称)
幕府 江戸幕府 旗本
主君 徳川家治家斉
氏族 池田氏(利政流)池田氏(政済流)
父母 池田政方池田政朗
兄弟 政香政直本間季農政宣竹中重寛方教頼功大関増備正室、
内藤忠見継室、島津久般正室、
京極高厚継室、酒井忠啓正室、
稲垣照敦室、牧野成賢室、池田直好養女、逸見長祥正室、依田守甫室ら
池田政朗
政富池田政朗
テンプレートを表示

池田 方教(いけだ まさのり)は、江戸時代中期の旗本通称は角次郎、隆之助。

略歴[編集]

明和2年(1765年)、池田政方の五男(実は十一男)として誕生。「池田氏系譜」では明和8年(1771年)生まれとなっている。これは、兄・隆之助元智(竹中重寛)が幕府に無届で旗本竹中家に養子に入ったことに際し、既に提出されていた兄の丈夫届の辻褄を合わせるために、方教が「隆之助」であるとし、その届け出の生年を称したためである。なお、方教も丈夫届が既に出されていたため、通称の「角次郎」で出されていた届けは、弟の池田頼功が引き継いだ[1]

池田政朗の婿養子となり、天明2年(1782年7月4日、遺領を継ぐが、寛政3年9月24日1791年10月21日)、27歳(実際は21歳)で死去した。跡を養子の政富池田政勝の三男)が継いだ。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(角川書店、2004年)p.107-113
先代:
池田政朗
屋形池田家当主
7代
1782年 - 1791年
次代:
池田政富