池田政行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

池田 政行(いけだ まさゆき、天明2年(1788年) - 文政2年(1819年))は、江戸時代旗本

今治藩松平定休の六男。正室は池田政富の養女奉子(政富の実兄若桜藩藩主池田定常の娘)。継室は松平正明の娘清子。子は池田政和松平勝道上杉義正室、戸田氏著室、松平定正室。幼名千之助。通称は采女、主殿

文化元年(1804年)、旗本池田政富の婿養子となる。文化2年(1805年)、将軍徳川家斉御目見する。文化4年(1807年)、養父政富の隠居により家督と3000石の知行を相続し、寄合となる。文化7年(1810年)に火事場見廻役を務め、文化10年(1813年)には寄合肝煎となる。文化14年(1817年)に病により寄合肝煎を辞職する。文政2年(1819年)没。家督は嫡男の政和が相続した。次男の勝道は実家の今治藩松平家の養子として迎えられ家督を継いだ。


先代:
池田政富
屋形池田家当主
第8代
1807年 - 1819年
次代:
池田政和