池田宜永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田 宜永
いけだ たかひさ
生年月日 (1971-04-07) 1971年4月7日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 宮崎県都城市
出身校 九州大学経済学部経済学科
東京大学大学院経済学研究科修士課程
前職 財務省職員
所属政党 無所属
称号 学士・経済学修士

Flag of Miyakojo Miyazaki.JPG 宮崎県都城市
当選回数 3回
在任期間 2012年11月22日 - 現職
テンプレートを表示

池田 宜永(いけだ たかひさ、1971年4月7日 - )は、日本政治家、元官僚宮崎県都城市長(3期)。

来歴[編集]

宮崎県都城市出身。宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業。1994年(平成6年)3月、九州大学経済学部経済学科卒業。同年4月、大蔵省に入省[1]1999年(平成11年)3月、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了[2]

2007年(平成19年)4月、宮崎県都城市副市長に就任。2012年(平成24年)6月、財務省を退職。

2012年(平成24年)11月18日執行の都城市長選挙に、民主党公明党の推薦を受けて無所属で出馬。元都城市議会議員の三角光洋を破り、初当選[3]。投票率は、46.70%。同年11月22日、市長に就任。

2016年(平成28年)、無投票で再選[4]。2020年、無投票で3選。

市政[編集]

  • 2020年(令和2年)5月5日、新型コロナウイルス対策の財源に充てるため、自身、副市長、教育長の6月期末手当を20%減額すると発表した[5]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]

公職
先代:
長峯誠
Flag of Miyakojo Miyazaki.JPG (新)都城市長
2012年 -
次代:
現職